【女性人気が高い】おすすめ転職サイト・転職エージェント比較ランキング|20代・30代・40代別に紹介

33 min

女性向けの転職サイトを利用したいが、「たくさんあってどのサイトに登録すればいいかわからない」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

女性向けの転職サイトといっても数多くの転職サイトがあるため、人それぞれおすすめのサイトが異なるもの。

今回は、女性におすすめの転職サイト・転職エージェントについて、ランキング形式でまとめています。


この記事を読むことで自分に合った転職サイトや転職エージェントを知ることができ、どのサイトに登録すれば良いか知ることができるはずです。

目次

【比較】女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

まずは、女性のおすすめの転職サイト・転職エージェントについて、一覧表にまとめました。

1位:リクルートエージェント 2位:doda 3位:パソナキャリア 4位:JACリクルートメント 5位:リクナビNEXT
種類総合型総合型総合型総合型総合型
公開求人数約10万件約72,000件約6,000件約4,000件約49,000件
非公開求人数約10万件約35,000件約20,000件約6,000件非公開
満足度☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5
特徴求人数No.1幅広い業種に対応、求人数が10万件以上女性向けのサポートが充実ハイキャリア向け幅広い業種の求人あり。リクルートが運営
対象年代20〜40代20〜40代20代〜30代30代〜20代〜40代
得意業種IT、通信営業、IT、通信事務系商社、外資系営業、IT
エリア全国全国全国全国全国
公式リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
6位:マイナビ転職 7位:マイナビエージェント 8位:ビズリーチ 9位:ワークポート 10位:type(女性の転職エージェント)
公開求人数約12,000件約22,000件約96,000件約2.8万件約8,000件
非公開求人数非公開約14,000件約30,000件非公開約1万件
満足度☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆3☆☆☆3
特徴利用できるコンテンツが豊富サービスが充実高年収の求人が豊富都心部の転職に強い女性向け求人が充実
対象年代20〜30代前後20代〜40代30代前後20代〜40代20代〜30代
得意業種営業、IT、通信事務系、営業系商社、外資系営業、建設、IT営業、IT、事務
エリア全国全国全国全国全国
公式リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
11位:キャリアカーバー 12位:とらばーゆ 13位:日経WOMANキャリア 14位:DYM就職 15位:エン転職
種類総合型総合型総合型総合型総合型
公開求人数約57,000件約3,000件非公開約2,500件約6,000件
非公開求人数約14,000件非公開非公開非公開非公開
満足度☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆3☆☆☆☆4
特徴ハイキャリア向けの求人を多数掲載女性専門転職サイト女性ならではの業種が豊富大手転職サイトから女性向け求人を厳選して掲載エンジニア特化、未経験可の取り扱い多数首都圏求人に特化
対象年代30代〜20代〜30代30代〜40代20代、30代20代〜30代
得意業種外資系事務職、販売系営業、金融、事務IT営業、事務系、経理
エリア全国全国全国全国全国(首都圏に特化)
公式リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
16位:キャリトレ 17位:マイナビjob20’s 18位:ウズキャリ既卒 19位:はたらいく 20位:リブズキャリア
種類総合型総合型総合型総合型総合型
公開求人数非公開非公開非公開非公開非公開
非公開求人数非公開非公開非公開非公開非公開
満足度☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆☆4
特徴20代で管理職候補を目指す方におすすめマイナビが運営する20代に特化した転職エージェントフリーター、第二新卒向け地方向け求人専用中小企業求人が多い女性、ハイキャリアに特化年収アップも狙える!
対象年代20代〜20代〜20代〜30代前後30代前後
得意業種管理職候補営業、事務系、経理営業、事務系、経理営業、管理職管理職
エリア全国全国全国全国全国
公式リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

【20代女性向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント

20代の場合には、転職回数が少ない場合がほとんどのため、転職のノウハウについて知らないという人も多いでしょう。

したがって、サポートが充実しているサイトに登録するのがおすすめです。

ここでは、20代の女性向けにおすすめの転職サイト・転職エージェントについて次のような基準でランキングを選定しました。

  • 求人数の多さ
  • 20代向け求人が充実しているか
  • 20代向けのサポート、サービスがあるか

1位:パソナキャリア

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴女性向けに運営されている担当エージェントの対応が丁寧女性の悩みを理解してくれるアドバイザーが多数
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

頼りになるキャリアアドバイザー

面接が苦手でうまく思ったことが伝えられない、といったことにも親身になって相談にのってくださいました。転職活動期間は長引けば長引くほどマイナス思考になりがちですが、こちらのコーディネーターさんはどの方も近い距離で色々な面においてアドバイスをくださいます。今は、長期雇用の派遣で安定していますが、また何かの際には真っ先に連絡したいと思わせてくれる会社です。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

年齢が高めの私でも、長期にわたってサポートをしてくれました。

ここに登録し、その間に前職の仕事が忙しすぎて転職活動がだらだらと間延びしてしまったりして1年近く立ちましたが、定期的にメールを頂けてフォローしてくれます。 他のエージェントでは、最初の登録と数件の案件紹介が終えた後、連絡が途絶える所もありますが、ここは長期にわたり面倒見てくださいました。そういった意味では安心感を覚えます。(たまたま、担当頂いた方が優れて居たかもしれませんが)

引用元:みん評

パソナキャリアの最大の特徴は運営元の企業風土にあります。

パソナグループは女性社員が過半数を占めており、女性の管理職が男性よりも多いです。

そのため、運営会社が女性のための働きやすい環境づくりに積極的であることがわかります。

女性が活躍している企業ということは、女性転職者の悩みを理解でき、的確なアドバイスをしてくれます。

したがって、積極的に転職相談をしたい方や質の高いキャリアアドバイザーを利用したい女性の方はパソナキャリアに登録するのがおすすめです。

2位:type(女性の転職エージェント)

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・首都圏に特化した転職エージェント
・営業、ITの分野中心に求人を掲載
・利用者の71%が年収アップの実績あり
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

とてもお世話になりました

他にも同じ位の大手転職系サービスを利用して活動したのですが、こちらのサイトの対応が特に良かったです。エージェントさんのサポートがとても良く、希望先の内定が出た後の、他の辞退のしかた(狭い業界では、辞退先とも関係を良好に保っておく必要が高いです)についてや、給与条件や入社日に関する交渉など、大変助けてもらえました。求人案件の数も、業界特化型のサイトではない割には豊富にあったと感じます。サイトの使用感も特に問題ありませんでしたが、オファーメールの本文だけだと内容が全部読めず毎回サイトに飛ばないとならなかったのが若干使いにくかったようには思いました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

未知の可能性を引き出してくれた

ありとあらゆる転職エージェントに登録して、漠然と転職をする。という私の気持ちを整理して、確実に転職の先に方向付けしてくれて、なおかつ可能性を引き出してくれた一番の転職エージェントがtype転職エージェントでした。担当のエージェントさんと一番気があったというのが一番近い感想かもしれません。特に1社に絞った訳ではありません。本当に面倒見よく、途中で私自身が諦めかけようとしていても、励まし、見る方向性を変えてみたり、担当者の方には良くやって頂きました。

引用元:みん評

名前の通り女性の転職に特化したエージェントサービスです。

総合型の転職エージェントの中でも「首都圏特化」「営業・IT分野に特化」しているのがtype(女性の転職エージェント)の特徴です。

エリアが限定されているというデメリットはありますが、首都圏で転職を考えている人にとっては勤務地でフィルターをかける必要がありません。


また、営業やITに特化しているため、積極的に仕事に打ち込みたい女性の方にとっておすすめの転職エージェントです。

3位:マイナビjob20’s

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・キャリアアドバイザーが20代転職市場を熟知
・マイナビグループのノウハウを生かしたアドバイスを受けられる
・年間約40,000人の登録者数
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

手厚いサポート

私自身、書類選考で落ちることが多かったので、履歴書の添削をしてもらえたのは心強かったです。また、企業とのやりとりもアドバイザーの方が行ってくれていたので、私は面接に集中するだけという環境も作ることが出来ました。おかげで、無事に希望の会社に転職出来ました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

助かりました

20代で転職活動をするのは不安でしたが、第二新卒向けの求人がたくさんそろっていたので、本当に助かりました。しかも、無料で転職支援サービスも受けられます。おかげで、理想的な仕事に就くことができましたから、利用して良かったです。

引用元:みん評

マイナビグループが運営している20代、第二新卒向けの転職エージェントです。

マイナビグループは「マイナビ転職」や「マイナビエージェント」などの大手転職サイトを運営しているため、様々なノウハウを利用できます。

その中でも適性診断を受けることでキャリアアドバイザーから客観的なアドバイスを受けることが可能になります。

20代の転職では、どんな職業に就きたいかわからないという方も多いので適性診断からアドバイスを受けることで自己分析に役立ちます。

4位:キャリトレ

求人サイトの種類求人検索型
特徴・ビズリーチが運営する20代向け転職サイト
・管理職やリーダー候補の求人に特化
・求人の自動マッチング機能付き
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

かなりの確率で面接に進めた

エージェントを使わずに転職するなら、キャリトレが結構良かった。

リクナビとかDODAだとスカウト来ても書類落とされまくったけど、キャリトレはかなりの確率で面接に進めたので。

引用元:Twitter 

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

20代向けに使いやすい

20代向け転職サイト感

ビズリーチ社の キャリトレ が、一番使いやすいかな。

求人レコメンドの精度も高いしベンチャーでも魅力的な求人多いね。

応募からの流れが、アプリ内チャットでスムーズなのもいいね。

まだ、転職考えてないけど登録してるだけでも市場価値測れるしメリットあるで。

引用元:Twitter 

キャリトレはハイクラス向け求人サイトのビズリーチが運営する20代向け求人検索型の転職サイトです。

管理職候補や次世代リーダー向け求人が豊富なため、キャリアアップを考えている20代の方におすすめです。

ハイクラス向け求人や、高年収の求人・将来のリーダー候補の求人などはエージェントサービスを利用しなければ応募できないものも多いですが、キャリトレは求人検索型で利用できます。


また、求人とのマッチング率が良いという口コミもありました。

5位:マイナビ転職

求人サイトの種類求人検索型
特徴・求人の検索項目が多い
・関連コンテンツも充実している
・関連する転職サイトで幅広い業種をカバーしている
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

案件をたくさん紹介してくれる

マイナビ転職にweb履歴書登録したあと、エージェントがスカウトしてくれて案件たくさん紹介してくれました!!!会社からもオファーきましたよ

引用元:Twitter 

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

良い求人とマッチした

わーい、マイナビ転職初めて使ったけど、良さげなのからマッチング来てよかった。

Web面接とかZoomは漫画喫茶行ったら使えるみたいですね。

まぁ多分これから増える思うよ。Web面接する会社。

引用元:Twitter 

求人広告代理店の株式会社ONEの調査によると、マイナビ転職の利用者数のうち、30歳以下の割合は、約4割と、半分近くが20代で構成されていることがわかります。

求人を掲載したい企業は、求める年齢層が多いサイトを利用します。

そのため、マイナビ転職には必然的に20代向けの求人が多くなるということです。

20代の転職では、経験よりポテンシャルを重視するので未経験でも入りやすい求人が多くなっています。

また、関連サイトに、マイナビエージェントもあるので、エージェントサービスを利用することもできます。

【30代女性向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント

30代の女性の場合には、キャリアプランの見直しなどで転職する方が多くなります。

例えば、結婚して子供が生まれるような時期で、家庭と仕事の両立を図りたい方やキャリアアップのために成長したい方など様々でしょう。

自分のキャリアプランに合わせたサイトに登録するのがおすすめです。

ここでは、30代の女性向けにおすすめの転職サイト・転職エージェントについて次のような基準でランキングを選定しました。

  • 求人の数、質
  • 30代向け求人(スキルの高い求人)があるか
  • 30代未経験でも応募しやすい求人があるか
  • 30代向けの転職サポートが充実しているか

1位:リクルートエージェント

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・転職エージェントの中で求人数No.1
・ミドルシニア就活サイトで30代の転職をサポート
・管理職、高年収向け求人も多数掲載
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

転職はよいエージェントと出会うと成功する

まず最初に面談をして、これまでの自分のキャリアや適性を伝えました。エージェントの方は前職や性格、能力などからいくつかの職業を提案してくださいました。また話の中で今まで考えなかった職種が候補に上がったりしたので自分だけで転職活動をするより、可能性は広がると感じました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

押し付けは決してせず、とても親身になって聞いて下さりました

決して転職活動を勧めるのではなく、今の状況に合わせたアドバイスをして下さったことと、現職に戻ることが出来るようになるにはどうしたら良いかと本当に私にベストな選択肢はどれかと一緒に歩いて下さっている感じがして救われました。

引用元:みん評

リクルートエージェントでは、掲載求人数が業界NO.1の実績を誇っており、管理職や役職付のハイクラスな求人も掲載しているため、30代でも安心して利用できます。

また、「ミドルシニア就活支援サイト」というサービスも展開しており、30代に向けた転職のノウハウやアドバイスなどが掲載されているサイトも利用できます。

他にも、リクルート系列の転職ノウハウを生かしたサービスや大手のスピーディな対応が評判の転職エージェントです。

2位:doda

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・求人数10万件以上
・求人検索型としても利用することができる
・大手ならではのスピーディな転職活動が可能
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

親身なエージェント

年齢が上であっても、親身にご対応いただきました。いくつか登録していましたが、ここだけはお断りがありませんでした。他社には即、お断り、で登録したけどメールすら来ないことが当たり前だったので。転職が決まったのもここです。メールも電話も駆使して連絡がいただけますし、試験や面接で必要なことなども事前に教えていただけるので前もって準備して臨めるのが良かったです。また企業に直接言いにくい交渉も代わりにしていただけるので、精神的な負担が少ないのも良かったです。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

すぐに希望通りの転職先を紹介してもらいました

社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。

引用元:みん評 

30代の転職となると、スキルや経験を求める求人や、ハイクラス向けの求人が多くなります。

しかし、未経験で挑戦したい方やリーダーシップのある役職を好まない人もいるでしょう。

30代で、未経験業界に挑戦したい方は、大手転職エージェントでサポートを受けつつ、たくさんの求人を紹介してもらう方法が良いです。


大手転職エージェントの中でもdodaでは、30代から初めて転職をした方でも親身に対応してくれるとの評判が多かったのでおすすめです。

3位:マイナビエージェント

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・大手の中でも求人数が少ない分、サポートが手厚い
・女性管理職向けのサービスあり
・女性向けの転職コラムが豊富
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

未来が無い会社からの転職活動でお世話になりました。

いくつかの転職サービスを使いましたがあっさりしているコンサルの方が多く求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。

それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

親身な対応で転職をサポートしてくれました。

最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。

転職が終わった後のサポートもとても良く、気持ちよくキャリアアップすることができました。

引用元:みん評

マイナビエージェントの最大の特徴は、「GroWomen Leaders」という女性管理職を目指す方向けのサービスです。

女性管理職を目指す方向けのコラムや、実際の女性管理職の方のインタビュー記事が掲載されており「女性の働き方や転職支援」に特化したサービスとなっています。

また、管理職以外の方は「女性の転職コラム」を見ることで、女性におすすめの業界や転職活動の方法について参考にすることができます。


女性向けコラムを参考にしながら非公開求人を紹介してもらえるのはマイナビエージェントならではのサービスとなります。

4位:キャリアカーバー

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・管理職求人に特化
・リクルートが運営するハイクラス向け転職支援サービス
・担当コンサルタントを自分で選べる
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

管理職への転職に最適なサイトです

転職サイトを使うことも必要だと感じてキャリアカーバーを利用してみると、管理職の経験者に最適な求人広告が並んでいることに驚きました。

専門性が高く、経験を重視する求人が主流なので他の転職サイトと比べると広告の数が少ないのが欠点ですが、担当スタッフの丁寧なサポートが受けられるので安心して利用することが出来ます。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

最高の仕事に出会えた

最初から期待大で利用し始めたけど、期待通りの内容で感激!利用登録したら非公開情報も全て見られるし、サポートも十分。しかも他のサービスと違って、手間がかからないのが良かったです。登録後はスカウトを待つだけ!だから転職についてクヨクヨ悩むことも無かったし、すごくスムーズに転職活動が進みました。

このサービスを選んだおかげで自分の好みに合う最高の仕事に出会えたし、収入も自分の希望以上で嬉しいです。

引用元:みん評

「リクナビNEXT」や「リクルートエージェント」などの、大手転職サービスのリクルートが運営しているハイキャリア向け転職エージェントです。

最大の特徴は「担当のコンサルタントを自分で選べる」という点です。

転職活動はコンサルタントの良し悪しによって左右されると言っても過言ではありません。

通常の転職エージェントでは、担当コンサルタントは決められているので、あまり実力のないコンサルタントがついてしまうこともあります。


一方で、キャリアカーバーでは1,000人以上のコンサルタントの経歴などを確認して、自分に合ったコンサルタントを選ぶことができます。

5位:はたらいく

求人サイトの種類求人検索型
特徴・地方、中小企業を中心に掲載
・未経験でもOK
・良い点だけでなく大変な点も掲載している
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

地域性に特化した内容

他の転職サイトを利用していましたが希望の仕事先が見つからずに困っていました。その時にはたらいくを知って登録してみましたが、他のサイトには無い中小企業の求人情報が多く掲載されているのがとても魅力的でした。

地域性に特化した内容なので、登録した地域の近隣一帯を対象にした求人の検索が容易に出来るのも便利に思えた点でした。情報の内容も具体的で分かりやすく、複数の求人先を比較する目的でも利用しました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

地元の企業が見つかりやすい

私は地元の企業への就職を希望していました。このサイトでは勤務地を地元で絞り込むとたくさんの企業が掲載されているため、希望をもって選ぶことができたのです。

条件も豊富で給与や福利厚生などを使って効率よく絞り込むことができました。説明が分かりやすく見た瞬間に判断できたので、選ぶ時間も苦になりませんでした。

最近の就職事情や面接の対応の仕方などスキルアップも学ぶことができたことにより勉強になりました。

引用元:みん評

はたらいくは地元の求人に特化した「地域密着型」転職サイトです。

30代になると、仕事だけでなく、プライベートや家庭のことも考えて仕事をしなければいけません。

はたらいくで掲載されている求人の約80%が「県外転勤なし」です。

したがって、家庭や住まいのことを考えた転職をする場合におすすめです。

また、大企業求人は少ないですが、大手転職サイトでは取り扱っていない地方求人をたくさん掲載しているのも強みになります。

【40代女性向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント

40代の転職の場合には女性管理職としての転職も多くなります。

管理職求人はあまり市場に出回らない求人のため、転職サイトや転職エージェントによる非公開求人や特別スカウトを利用するのがおすすめです。

ここでは、40代の女性向けにおすすめの転職サイト・転職エージェントについて次のような基準でランキングを選定しました。

  • 管理職・ハイキャリア向けの求人はあるか
  • 年収アップが見込めるか
  • 非公開求人の多さ

1位:日経WOMANキャリア

求人サイトの種類求人検索型
特徴・日経が運営する転職サイト
・大手転職サイトに掲載されている女性向け求人をピックアップして厳選
・管理職・ハイキャリア向け求人が豊富
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

ハイクラスの求人

看護以外の職種をご希望で、ハイクラス求人を探していらっしゃるのでしたら日経WOMANキャリア、CAREER CARVER、LiBzCAREERなどに登録されてみてはいかがでしょう?


引用元:Twitter

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

検索しやすい

日経WOMANキャリアちゃん→女性向け転職サイト。「年収増やしたい」「休日いっぱいほしい」とか自分の志向別に検索かけられるのが有能。


引用元:Twitter 

日経が大手転職サイトから女性向け求人を厳選して掲載しているのが、日経WOMANキャリアです。

サイト1つで様々な転職サイトの求人を見ることができるため、幅広い求人を探すことができます。

また、掲載されている求人は日経が各サイトからピックアップした求人ですので1社1社の求人の質が高いのも特徴です。

ハイキャリアや管理職向け求人が豊富で40代の女性にぜひオススメしたい転職サイトです。

2位:リブズキャリア

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・年収400万円以上の求人限定
・500人以上の外部コンサルタントがサポートしてくれる
・女性活躍プロジェクト賛同企業と提供
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

自分にはマッチした!

その後、リブズキャリア経由でスカウトをもらった企業に転職しました!経営陣も子育て中でまたママ社員も多く、最初から非常にマッチ感が高かったです。

奇しくも転職した先は採用支援業の会社なので、企業側としてリブズキャリアを使わせていただいております!


引用元:Twitter

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

個人的におすすめ

今、時短勤務、フレックス増えてきた体感あります

女性×時短だと思いつくのはリアルミー、リブズキャリアらへんです

エージェントによっては返信遅かったり、逆に追われすぎたりするのでスカウトメールくる系の会員制のサービスは個人的におすすめです!

引用元:Twitter

リブズキャリアは仕事を重視したい女性におすすめの転職エージェントです。

対象求人は年収400万円以上に限定されているため、年収アップやハイクラス求人の検索が可能です。

また「Woman Bright Action」という女性の活躍を応援するプロジェクトに賛同している約300社の企業と独自提携しています。


提携企業は「アクセンチュア」「日本アイ・ビー・エム」などの大手企業があり、大手企業の非公開求人を紹介してもらえる可能性が非常に高いです。

3位:JACリクルートメント

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・役職ポジション求人が豊富
・年収1,200万円以上の案件も豊富
・海外拠点もあるため海外勤務も可能
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

個人的には一番良いエージェント。

複数のエージェントに登録をしましたが、一番信頼も出来、こちらを通じて次職も決められました。

他社とは異なり、求人者1人に対して1人の担当者が付く形ではなく、案件毎に担当者が異なり、JAC社の複数のエージェントとやり取りを行う形になります。

他社では一度担当者に背景等を説明すれば済みますが、こちらでは最初の面談で話した内容が社内でシェアされていますが、担当者毎にその都度説明することにもなりますので、人によっては少々面倒に感じる事もあるかもしれません。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

やや強引ながら、非常にスピーディだった

JACは東証一部上場企業でもあり、安心して申し込みを行いました。抱いていたイメージの通り、エージェントの対応は良く、非常にテキパキと動いてくださり終始スムーズに、スピーディな対応をしてくださったことが強く印象に残っています。将来を見越したアドバイスも的確に行っていただけました。ただ、自分があまり乗り気ではない会社を強くすすめられることもあったため、紹介先の会社が転職希望者にとって合っているか否かが評価を分けるポイントかなと思います。

引用元:みん評

JACリクルートメントは、国内7カ所、海外に9ヶ所の拠点があり、世界各国で働きたい人におすすめのサービスとなっています。

海外企業だけでなく、ハイキャリア向けに特化しており、転職時の平均年収も800万円〜1,200万円とかなりの高水準で推移しています。

そのため、スキルや経験に自信のある40代以降の方であれば納得の行く転職ができるでしょう。

また、求人案件ごとに担当コンサルタントが変わるという仕組みをとっており、案件ごとに質の高いサポートが期待できます。

4位: ビズリーチ

求人サイトの種類求人検索型
特徴・高年収、管理職向けの求人が豊富
・スカウト型転職サイト
・有料プランを利用することで、より高年収の求人を探せる
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

マッチング率が高い

年収の高い求人に応募するには有料会員になる必要がありますが、会費に見合った求人があるので、職歴やスキルに自信があり、収入アップを狙う人は断然有料会員がオススメです。

私も有料会員になり、仕事を探した結果、前職の経験を活かせる仕事に就く事ができ、年収も2割ほどアップしました。この転職サイトを使って、満足のいく転職活動ができたと思っています。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

転職の強い味方になりました

今回、納得のいく転職を果たすことができました。この業者を選んだのは、転職サービス業者の中でも最近有名になってきているところで、頼りになりそうだと感じたためです。

実際に会員登録をしてから求人情報をチェックしたところ、かなり多くの情報を見ることができ、かつとても見やすいと感じました。その中から自分の希望に沿った情報を数件ピックアップし、募集に応じてみたところ、速やかに転職を決めることができました。

引用元:みん評

ビズリーチは、高年収、管理職などの求人を豊富に取り揃えているスカウト型転職サイトです。

特徴としては、求人サイトでは珍しい有料プランである「プレミアムステージ」を採用している点です。

有料プランでは、スカウトを送ってくるヘッドハンターを指名できるサービスや、自分から企業にアタックすることができる機能などが追加されます。


特に、ヘッドハンターを指名することで、様々な相談ができるため、40代の女性の転職活動の悩みや希望の求人について相談することができます。

5位:リクナビNEXT

求人サイトの種類求人検索型
特徴・毎週1,000件以上の新規求人を掲載している
・グッドポイント診断で自分の強みを探せる
・求人検索機能が充実
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

求人の質が高い

リクナビNEXTで転職しました。他のサイトに比べてリクナビNEXTは求人の質が高く量も豊富でよい。特にクリエイティブ系はおすすめです。

引用元:Twitter

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

転職活動のサポートが充実

リクナビNEXTに載っていた、〜力の種類について自分の力をどう短縮して表すのかなと調べたら分かりやすかったです

引用元:Twitter

リクナビNEXT独自の自己分析ツールとして、グッドポイント診断というがあり、客観的に見た自分の強みを知ることができます。

自分でも理解していた強みもあれば、意外な強みを発見できる可能性もあるため、面接や応募書類の対策として有効です。


さらに、診断された強みが「どのように仕事へ活かせるか?」まで書いてあるため自己PRや志望動機を書く際の手助けとなります。

【未経験の女性向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント

未経験業種への転職の場合には、関連するスキルや経験がないため、経験者よりも転職難易度は高いです。

しかし、未経験OKの求人も市場にはあるため、未経験に強いサイトを利用して効率的に求人を探すのがおすすめです。

ここでは、未経験の女性向けにおすすめの転職サイト・転職エージェントについて次のような基準でランキングを選定しました。

  • 未経験OKの求人数の多さ
  • 未経験向けのサポートは充実しているか

1位:リクルートエージェント

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・社会人経験なしでも利用しやすい
・書類選考なしで面接に進める
・未経験向けの就活講座が充実
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

押し付けは決してせず、とても親身になって聞いて下さりました

決して転職活動を勧めるのではなく、今の状況に合わせたアドバイスをして下さったことと、現職に戻ることが出来るようになるにはどうしたら良いかと本当に私にベストな選択肢はどれかと一緒に歩いて下さっている感じがして救われました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

転職はよいエージェントと出会うと成功する

大手だからという理由で3社の転職エージェントに登録をしました。その中でもメールのレスポンスが早く、実際にお会いした方の対応からリクルートエージェントに決めて活動を行いました。まず最初に面談をして、これまでの自分のキャリアや適性を伝えました。エージェントの方は前職や性格、能力などからいくつかの職業を提案してくださいました。また話の中で今まで考えなかった職種が候補に上がったりしたので自分だけで転職活動をするより、可能性は広がると感じました。

引用元:みん評

リクルートエージェントでは、リクルート系列の転職ノウハウを生かしたサービスや大手ならではのスピーディな対応が評判の転職エージェントです。

転職エージェントの中で公開求人数、非公開求人数が多く、たくさんの求人から希望に合うものを探すことができます。

未経験OKの求人は全体の求人数に比べて限られてしまうため、総求人数が多いリクルートエージェントに登録するのがおすすめです。

公開求人数、非公開求人数ともに10万件以上であるため、数多くの求人から探すことができます。

2位:JAIC

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・社会人経験なしでも利用しやすい
・書類選考なしで面接に進める
・未経験向けの就活講座が充実
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

就活に失敗しても、リベンジするチャンスはある

公務員試験や就活の失敗から立ち直れず、大学卒業後の1年半はニート生活でした。その後、登録制バイトで仕事ができるくらいにメンタルは回復したのですが、就活をやり直す気持ちが沸いてきませんでした。

そんな中、バイト仲間から「就職カレッジに行ってみないか?」と誘われました。自己分析やらグループ討論やら面倒だなぁと思っていたのですが、無料説明会に行ってみると楽しそうだったので、就職カレッジに通うことにしました。

厳しい指導もありましたが、大学の就活センターと比べものにならない程手厚いサポートで、かつてのやる気を取り戻しました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

初めての就職活動も手厚いサポートで安心

学校を卒業後フリーターとして働いていましたが、将来が不安になり登録しました。こちらを選んだ理由は就職する為のサポートが充実していたからです。正社員として働いたことがなく、周りと比べて負い目を感じていましたが、履歴書の書き方からビジネスマナーまで基礎をしっかり学ぶことが出来て自信に繋がりました。また、スタッフも就職を応援してくれるので、不安な所はすぐに相談出来て心強かったです。1人で情報を調べて就活をする方法もありますが、私の場合は講義やサポート体制が充実しているサービスを利用して良かったと思います。

引用元:みん評

JAICは10代〜30代前半の社会経験が浅い方向けの転職支援サービスです。

登録者の情報に合わせて、次のようなコースでサポートが受けられます。

  • 就職カレッジ:フリーター、既卒、第二新卒向けサービス
  • 女子カレッジ:女性向けのサービス
  • 新卒カレッジ:学生向けのサービス
  • セカンドカレッジ:学校中退者向けのサービス

上記のように、それぞれのカレッジごとに講座を受けることで、内定までのサポートが受けられます。

また、書類選考なしで面接まで進めるのが特徴で、書類を書くのが苦手な方や経歴に不安のある方でも安心して応募することができます。

3位:ワークポート

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・IT/エンジニア特化型のエージェント
・特化型だが未経験に強い
・「みんスク」というスクールが無料で利用できる
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

丁寧・親切で相談しやすい

転職活動の初期にインターネット上で目に留まった事は理由でワークポートに登録をしました。

登録してから早い段階で連絡を頂き、細かな自分の希望をしっかりと聞いてもらう事が出来ました。ワークポートの方全員か担当者の方が良かったのかは分かりませんが、とても丁寧に対応してもらえます。

紹介して頂いた会社・企業の魅力を説明があったり、面接の際のアドバイス等、役に立つ事が多かったです。転職するまでに時間がかかると思って覚悟はしていましたが、ワークポートを利用する事でスムーズで満足度の高い転職をする事が出来ました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

丁寧で使いやすい

面談が丁寧で基本的に対応のレスが早い。

利用者専用サイトの使いやすさは断トツ。

進捗はわかりやすいし、過去の面接感想とかも見られるし便利。

引用元:みん評

ワークポートは、IT・エンジニア向けに特化している転職エージェントです。

特化型の転職エージェントは、経験者しか利用できないイメージがありますが、ワークポートでは未経験向けの求人が豊富であったり、未経験者のサポートが充実しています。

中でも特徴的なのが「みんスク」という無料エンジニアスクールです。

エンジニアは資格や技術が必要になる職業であるため、完全未経験・知識なしだと内定をもらいにくいです。

しかし「みんスク」でエンジニアの勉強をすることで、知識をつけることができるので転職にプラスに働きます。


勉強しながらIT・エンジニア系の職業に就きたい方にオススメの求人サイトです。

5位:DYM就職

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・既卒・ニート・フリーターに強い転職エージェント
・学歴・職歴不問の求人が多い
・採用までのスピードが早い
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

学業と仕事とを両立できる道が開けた!

ハローワークにも通う中、ネット検索で見つけたDYM就職に登録したのですが、アドバイザーに学業と仕事を両立したいと相談したところ「両立できる職場を一緒に探そう」と言ってくれました。転職Shop(リクルート)に両立プランを否定された後だったので、心強かったです。

将来のことを含めて、じっくり話を聞いてくれたのも嬉しかったです。その後販売職に内定、職場仲間の応援もあり無事に大学を卒業できました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

履歴書を書く手間いらずで、面接までらくらく進めました

今まで、アルバイトや派遣社員の働き口しかなく、でも、そろそろちゃんと正社員として就職したいと考えていました。しかし、今まで自分で求人を見て応募しても、なかなか採用に恵まれませんでした。何度履歴書を書いたか分かりません。

でも、DYM就職なら、自分の経歴、希望の職など登録するだけで、書類選考無しで面接に進むことができました。

面接の段階で私の情報が先方に伝わっているので、スムーズに話が進みました。

引用元:みん評

DYM就職はフリーター・ニートの方に特化している求人サイトです。

もちろん、正社員の方でも利用することができますが、特徴としては未経験でもOKな求人が多いということです。

DYM就職で取り扱う求人のほとんどが「学歴不問・職歴不問」であるため、未経験でも問題なく応募できるというのがメリットです。

また、書類選考なしの求人がいくつかあったりと採用のスピードが早いというのもメリットとして挙げられます。


学歴や職歴に自信のない方はDYM就職がオススメです。

【子持ちの女性向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント

子持ちの女性の場合には仕事だけでなく、家事や育児にも注力しなければいけません。

したがって、ワークライフバランスが充実した求人や福利厚生の良い求人、パートや派遣社員など勤務時間の短い求人などを探す必要があります。

ここでは、子持ちの女性向けにおすすめの転職サイト・転職エージェントについて次のような基準でランキングを選定しました。

  • ワークライフバランスが充実している求人があるか
  • 福利厚生が充実している求人が多いか
  • 正社員だけでなく、パートや派遣など様々な働き方に対応しているサイトか

1位:doda

求人サイトの種類転職エージェント型
特徴・求人掲載数が豊富
・様々な業務形態の求人が豊富
・地方転職にも強い
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

希望どおりの会社を紹介してくれて採用まで手厚いサポートをしてくれた

他業種への転職を希望していたため履歴書の書き方などわからないことが多々あり、当初自分で転職活動をしてみたが情報が乏しくプロに相談したほうがよいと思った。転職エージェンシー他社と比べて専任の担当者がとても親身になって相談に乗ってくれ、履歴書、筆記、面接のたびに相談や足りない部分など添削してくれたので志望している会社のほしい人材像を深く理解でき、自分の志望動機と職務経歴をぴったり合わせることができた。

引用元:みん評 

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

求人とキャリアアドバイザーがハイレベル

【dodaのおすすめポイント】とにかく求人の質が良い。

企業情報(業績)や、就業条件がどんなにブラックでもきちんと記載がある。(R社などはその辺が曖昧)

自分でしっかり確認さえすれば問題ない。

(こちらも誠実に報連相など対応している前提だが)キャリア以外にも人物像で評価してもらえれば、企業側にプッシュしてくれる。

引用元:みん評

dodaは転職エージェントでありながら、転職サービスの機能も持ちあわせています。

自分で求人を探すこともできるので、自分のペースで転職したいという方でも安心して利用できます。

求人数は10万件以上と業界2位の求人数を誇ります。


特に、子持ちの女性の方は、働き方や勤務形態にこだわりたいケースが多いため、たくさんの求人から探すことができるdodaはおすすめです。

2位:マイナビエージェント

求人サイトの種類求人検索型
特徴・女性向けの転職イベント・コラムが充実
・大手転職エージェントの中でもサポートが手厚い
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

親身な対応で転職をサポートしてくれました。

転職を考えていた時に、インターネットの評判を聞いて転職をサポートしていただきました。最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。

転職が終わった後のサポートもとても良く、気持ちよくキャリアアップすることができました。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

未来が無い会社からの転職活動でお世話になりました。

いくつかの転職サービスを使いましたがあっさりしているコンサルの方が多く求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。

それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。

引用元:みん評

マイナビエージェントでは、女性の転職市場に精通しているキャリアアドバイザーと、企業に直接営業を行うリクルーティングアドバイザーがチームを組んで転職のサポートを行います。

そのため、キャリアアドバイザーが転職支援に専念できるというメリットがあります。


特に、子持ちの女性の方はキャリアプランや働き方についてしっかり相談できるマイナビエージェントがおすすめです。

3位:パソナキャリア

求人サイトの種類求人検索型
特徴・女性のサポート、イベントに力を入れている
・パソナグループによる独自の求人を保有
・担当アドバイザーの評判が良い
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

年齢が高めの私でも、長期にわたってサポートをしてくれました。

ここに登録し、その間に前職の仕事が忙しすぎて転職活動がだらだらと間延びしてしまったりして1年近く立ちましたが、定期的にメールを頂けてフォローしてくれます。 他のエージェントでは、最初の登録と数件の案件紹介が終えた後、連絡が途絶える所もありますが、ここは長期にわたり面倒見てくださいました。そういった意味では安心感を覚えます。(たまたま、担当頂いた方が優れて居たかもしれませんが)

私の希望する業界が特殊なのか、少し案件は少ないようにも感じましたが、私が知っているこの会社のエージェント、2人を拝見させて頂く限りはフォローや親切な気がします。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

頼りになるキャリアアドバイザー

転職活動期間にお世話になりました。大手ということもあり求人の案件も多く、異業種でも初心者OKの求人を紹介していただき、今まで自分が知らなかった得意な分野を新たに引き出してくださいました。

面接が苦手でうまく思ったことが伝えられない、といったことにも親身になって相談にのってくださいました。転職活動期間は長引けば長引くほどマイナス思考になりがちですが、こちらのコーディネーターさんはどの方も近い距離で色々な面においてアドバイスをくださいます。今は、長期雇用の派遣で安定していますが、また何かの際には真っ先に連絡したいと思わせてくれる会社です。

引用元:みん評

パソナキャリアは、担当のキャリアアドバイザーの評判が良いという口コミが多数ありました。

大手転職エージェントとは異なり、1人あたりにかけられるサービスが充実しているため、利用者の満足度も高いようです。

また、パソナキャリアを運営しているパソナグループは人材派遣会社のため、独自の求人網を保有しています。


もちろん派遣社員などの正社員以外の勤務形態の求人も保有しているため、子持ちの女性にとって働きやすい求人を探しやすいです。

4位:とらばーゆ

求人サイトの種類求人検索型
特徴・女性専門の転職サイト
・多数の転職サイトを運営するリクルートが運営元
・ブランクOK、派遣社員など様々な勤務形態の求人あり
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

使い勝手の良いサイトでした!

「産休取得あり」といったような条件から検索することができ、女性が長く続けられる企業を探しやすい仕組みとなっていました。またwebから簡単に応募できるので、、履歴書を書くことに時間を費やさずに済んだことから、使い勝手はとても良かったです。

引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

働いている女性の生の声がわかる

このサイトで気に入ったコンテンツは、各業種で働いている女性たちの生の声を記載している「未来を語る会」というコラムでした。私が見たのは「事務スタッフ女子が未来を語る会」という特集で、事務員の仕事の魅力を語っている女性の輝いた笑顔に目を奪われたものです。この仕事なら、私にも向いているかもしれないと思えて求人内にあった事務員募集に応募して現在に至ります。

引用元:みん評

とらばーゆは女性専門の転職サイトです。

募集されている求人が女性限定の求人のため、自分にあった求人を探しやすいのが特徴です。


掲載されている求人も事務系、販売系、美容師、看護師、医療系、福祉系など女性が働きやすい求人から探すことができます。

また、ブランクがある方や派遣などの短時間勤務OKの求人も揃えているため、子持ちの女性が働きやすい求人を見つけやすいという特徴があります。

5位:インディード

求人サイトの種類求人検索型
特徴・女性専門の転職サイト
・多数の転職サイトを運営するリクルートが運営元
・ブランクOK、派遣社員など様々な勤務形態の求人あり
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

求人数が豊富

ハロワはブラック多い印象やからindeedの方がええ!

求人数もindeedの方が多いし

とりあえず週休2日の求人には要注意や!

「完全」週休2日を探すんやで

求める人材はその企業に合わすのが1番良いけど、無理なら笑顔、身だしなみ、愛想良くやればあとはなんとかなる!!

引用元:Twitter 

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

毎日見る価値はある

はじめまして。

21卒ではないのですがフォローさせていただきました。

個人的な意見ですけど

•マイナビ転職

(マシなところが多い)

indeed

(無料で募集出来るためか、毎日求人が更新されて、稀にめっちゃ良い企業の求人が出る)

の2つがオススメです。

特にindeedは毎日見て損はないです。

引用元:Twitter 

インディードでは、全体の求人数は公開されていませんが、毎週70万件以上の新規求人を掲載しており、多くの求人を探すことができます。

口コミにもありましたが、毎日求人が更新されているので随時見たとしても新しい求人を探すことができます。

また、求人数が豊富でありながら、ブラック企業などの悪い条件の求人も少ないとの口コミも見受けられました。

正社員だけでなく、パート、派遣社員など様々な勤務形態の求人を扱っているため子持ちの女性のライフスタイルに合わせた仕事を見つけることができます。

たくさんの求人から探したいという方におすすめです。

【働き方・職種別】女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

ここからは、働き方や職種別におすすめの転職サイト・転職エージェントについて紹介します。

働き方や希望する業種が決まっている場合には、業種に特化した転職サイトやエージェントを利用するのがおすすめですのでぜひ活用しましょう。

正社員で働きたい女性におすすめサイト

正社員転職におすすめの求人サイトについて、まとめました。

転職サイト 特徴 おすすめの理由
リクルートエージェント転職エージェント最大手求人数No.1正社員に特化した転職エージェントで求人数が最も多く、幅広い分野の求人を探しやすい
マイナビエージェント女性向けの転職支援サービスが豊富求人数は大手転職エージェントの中では少ないが、転職支援サービスやキャリアアドバイザーの質が高い
doda業界NO.2の求人数転職サイト・転職エージェントのどちらとしても利用できる求人数が多いのはもちろん、転職サイト・転職エージェントのどちらとしても利用することができるため様々な使い方ができる

正社員転職の場合には、大手の転職サイトや転職エージェントがおすすめです。

大手の転職サイトや転職エージェントがおすすめな理由は次の通りです。

  • 正社員の転職に特化している
  • 求人数が非常に多く、幅広い業種から探すことができる
  • 転職実績が豊富

特に業種にこだわらず正社員で働きたいという方は上記の大手転職エージェントに登録するのがおすすめです。

パートで働きたい女性におすすめサイト

パートで働きたい女性におすすめの求人サイトについて、まとめました。

転職サイト 特徴 おすすめの理由
パソナキャリア親会社のパソナグループは派遣社員向け人材サービスを展開正社員だけでなく、パートや派遣社員の求人網を保有している転職エージェントのためおすすめ
インディード国内最大級の求人検索サイトとにかく求人の数が豊富で、正社員求人だけでなくパート・アルバイトの求人も多数掲載されている
しゅふjob40代〜50代の主婦に特化した求人を掲載主婦向けに展開されているため、パートやアルバイトの求人が豊富

パートの求人は通常の転職サイト・転職エージェントでは取り扱っていない場合が多いため、独自の求人網を保有しているサイトに登録するのがおすすめです。

また、パートの求人の取り扱いがあるサイトのほとんどは求人検索型のサイトになります。

特に、インディードは多数の求人を保有しているため、様々な種類の求人を探すことが可能です。

女性の事務転職におすすめサイト

事務転職におすすめの求人サイトについて、まとめました。

転職サイト 特徴 おすすめの理由
リクルートエージェント転職エージェント最大手求人数No.1事務職の倍率は高いため、たくさんの求人に応募する必要がある
マイナビエージェント女性向けの転職支援サービスが豊富事務職は女性を対象にしている求人が多く、女性向けの転職支援サービスを受けることでより内定を取りやすくなる
doda業界NO.2の求人数地方求人も豊富事務職は地方求人がほとんどであるため、地方求人の多さは事務職求人の多さに直結するから

事務職は、勤務地が限定されていることや残業時間が少ない傾向にあるため、女性に人気の職種となっています。

募集倍率が高いため、とにかくたくさん応募できることと、転職支援の質の高い求人サイトに登録する必要があります。

したがって、業界最大手の求人数であるリクルートエージェントや、業界2位の求人数で地方にも強いdodaなどが登録の候補となります。

また、女性の方であれば、女性の転職コラムを多数掲載しているマイナビエージェントに登録するのがおすすめです。

女性の看護師転職におすすめサイト

女性の看護師転職におすすめの求人サイトについて、まとめました。

転職サイト 特徴 おすすめの理由
看護roo看護師求人多数利用者満足度96.3%看護師の利用者満足度が高く、安心したサービスを提供してくれる
マイナビ看護師看護師求人に特化したマイナビの転職サービス大手人材会社のマイナビが展開しているため安心してサービスを利用できる
看護のお仕事看護師求人を6万件以上掲載豊富なサービスも多数全国にある6万件以上の求人が掲載されており、希望の条件に合った仕事を見つけやすい

看護師は経験者の採用であるため、通常の転職サイトでの取り扱いは少ないです。

したがって、看護師の転職に特化した転職サイト・転職エージェントを利用するのがおすすめです。

特に企業看護師や大手総合病院の求人を希望する場合には倍率が高いため、転職エージェントを利用して非公開求人を紹介してもらうようにしましょう。

女性の保育士転職におすすめサイト

女性の保育士転職におすすめの求人サイトについて、まとめました。

転職サイト 特徴 おすすめの理由
ジョブメドレー保育保育士求人No,1の実績保育士求人が2万件以上あり、たくさんの求人から探すことができる
ほいく畑土日や夜間の面談もOKブランクOKの求人が6割以上のため、育児で職場を離れていた方におすすめ
ほいてんパートナー首都圏に特化した保育士転職サイト首都圏に限定されてしまうが、9,000件以上の求人があるため、東京都での転職におすすめ

保育士の転職も専門性が高い分野のため、総合型の転職サイトよりも特化型の転職サイトがおすすめです。

サイトによって得意とする分野や地域が異なるため、自分に合った転職サイトを選びましょう。

女性の転職に強いサイトの選び方と活用方法

女性の転職を成功させるためには、適切なサイトを選び、効率よく活用する必要があります。

しかし、転職サイト、転職エージェントの違いについて理解しなければ適切な運用はできないでしょう。

ここからは、転職サイト、転職エージェントの違いとサイトの活用方法について解説していきます。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントには、次のような違いがあります。

転職サイトの特徴サイト上に求人を掲載されており、サイトを通じて応募を行うことができるサイト上に転職のコラムや転職活動のアドバイスなどが多数掲載されている
転職エージェントの特徴企業と求職者の間にエージェントが仲介しており、エージェントを通じて転職活動を行う転職に関する相談、サポートを受けられる

転職サイトでは、自分が主体的に動いて求人の応募や転職活動を行う必要があります。

一方、転職エージェントでは、求人の紹介や転職相談などができるため、専門家に頼りながら活動することができます。

それぞれメリットとデメリットが異なるため、自分の転職のスタイルに合うサイトに登録することがおすすめです。

例えば、転職サイト、転職エージェントそれぞれがおすすめな人は、次のような人です。

転職サイトがおすすめな人・自分で求人を探したい方
・自分のペースで転職活動を行いたい方
転職エージェントがおすすめな人・自分に合った求人を紹介して欲しい方
・求人探しだけでなく、転職活動全般のサポートを受けたい方

転職の経験の有無などによっても転職活動の方法や登録するべきサイトは異なります。

例えば、転職の経験がない人は豊富なサポートが受けられる転職エージェントに登録した方が、転職を成功させやすくなります。

まずは、転職サイトと転職エージェントの特徴を理解して、どちらを登録するのか決めるようにしましょう。

転職に成功するためのサイトの活用方法

転職活動を成功するためには、転職サイト、転職エージェントを有効活用する必要があります。

それぞれのサイトの活用方法は次の通りです。

転職サイトの活用方法・転職市場の調査をする
・求人情報の検索をする
・企業情報の収集をする
・コラムを見て応募書類の書き方、面接対策を学ぶ
転職エージェントの活用方法・エージェントと面談、キャリアカウンセリングをする
・応募したい求人をエージェントに伝える
・エージェントから推薦状を送ってもらう
・応募書類の添削をしてもらう
・非公開求人の紹介をしてもらう
・面接の対策をしてもらう

上記のように、転職サイト、転職エージェントのどちらも活用方法が大きく異なっています。

したがって、転職を成功させるためには、転職サイトと転職エージェントの両方に登録するのもおすすめです。

転職サイトと転職エージェントに登録することで、自分で情報収集を行いながら必要に応じてサポートを受けられるため、より効率の良い転職活動を行うことができます。

また、転職サイトと転職エージェントの両方に登録して、利用しながら自分に合う方を使い続けるということもできますので、どちらも登録してみることをおすすめします。

女性の転職活動の前に押さえておくべきポイント

女性の転職活動を行う前にはいくつか知っておきたいポイントや情報というものがあります。

例えば、女性向け求人の転職市場などを理解しておくことで求人の傾向がわかるようになります。

ここからは、女性の転職活動の前に押さえておくべきポイントについて、詳しく解説していきます。

女性の転職市場と動向

まずは、女性の転職市場の変化について知る必要があります。

大手転職サイトの女性の転職typeが調査した結果によると、女性のITエンジニア市場が拡大傾向にあり、2021年5月の求人数は前年同月と比べて約178%となっています。

2020年5月は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い求人数が大きく減少した時期でもありますが、その後のIT市場の伸びは凄まじいものとなっています。

一方で、事務職の2021年5月の求人数は前年同月比111%と、コロナウイルスの影響により減少していた前年とそこまで変わらない数値となっています。

上記のように、現在の転職市場では、今後成長性のあるIT・エンジニア分野の転職が活発に行われているということがわかります。

女性の転職活動での成功ポイント

女性の転職活動を成功させるためには、いくつかポイントがあります。

ここでは、女性の転職活動の成功ポイントについて確認していきましょう。

転職活動を始める前から転職サイトに登録しておく

女性の転職市場は短期間で変化する可能性があります。

例えば、現在はIT系・エンジニア系の業種の求人数が数年前に比べて大きく増加しています。

自分が転職したい時期に転職市場や動向が大きく変化する可能性もありますので、転職活動前から定期的にチェックを行うようにしましょう。

あらかじめ求人や転職サイトの調査を行うことで、本格的に転職活動を始めたい時期にスムーズな転職活動を行うことができます。

応募前・面接前に準備をしっかりと行う

転職活動を成功させるには、事前の準備が必要不可欠です。

企業側は、応募書類と面接の受け答えや第一印象などで採用を判断します。

応募書類や面接などは事前にある程度対策することができますので、しっかりと対策することが重要です。

例えば、転職サイトでは、応募書類の書き方やアドバイス・面接のノウハウなどを見ることができますので参考にしながら対策しましょう。

不安な人は、転職エージェントを利用することで、自分の書類や面接を客観的に評価してもらうことも効果的です。

女性の転職活動での注意点

女性が転職活動を行う場合には、いくつか注意点もあります。

ここでは、女性の転職活動での注意点について、確認していきましょう。

転職活動の目的を考える

女性の場合には、単に今の会社を辞めたいというだけでなく、キャリアプランやライフプランの変化に伴って転職を考えるケースもあります。

転職先の候補を絞る上でも、転職の目的を考えておくようにしましょう。

例えば、転職活動の理由、目的としては次のようなものが挙げられます。

  • 働き方を改善したい
  • キャリアアップしたい
  • 新しい業種にチャレンジしてみたい
  • 地方に転職したい

人によって転職理由は様々ですが、自分なりの理由を考えると、どんな企業で働きたいかがわかるようになり、求人を探しやすくなります。

なるべく在職中に転職活動を行う

転職活動を行うタイミングは、なるべく在職中が望ましいです。

離職後に転職活動を行う場合には、安定した収入がなくなってしまいます。

失業保険をもらいながら転職活動に専念するという方法もありますが、自己都合退職の場合には3ヶ月間手当をもらうことができないなどの制約もあります。

また、内定が決まらず、転職活動が長引いてしまう可能性も考えられるので、転職活動が終わってから会社を辞めるのが望ましいでしょう。

女性転職サイト登録の流れ

転職サイトに登録してからどのような流れで転職活動を進めれば良いか分からないという方も多いでしょう。

求人検索型転職サイトとエージェント型転職サイトのどちらを利用するかによって、登録後の転職活動の流れやサイトの活用方法が異なります。

ここでは、求人検索型転職サイトとエージェント型転職サイトに分けて、転職サイトの登録から内定までの流れを解説していきます。

求人検索型転職サイトの場合

求人検索型転職サイトでは、サイト内にあるツールやコラム、特集などを利用しながら転職活動を行います。

転職活動の流れについて説明しながら、求人検索型転職サイトの活用方法について、確認していきましょう。

転職サイトに登録

求人検索型の転職サイトを利用するためには、サイトに登録する必要があります。

自分の希望する求人が見つかりやすそうな転職サイトを選んで登録しましょう。


もちろん、1社だけしか登録できないというわけではありませんので複数社の転職サイトを利用することもおすすめです。

自己分析・業界分析

求人サイトへの登録と同時に、転職活動のための自己分析、志望する業界の分析をしましょう。

求人検索型転職サイトでは、自己分析・業界分析に利用できるツール・コラムなどが掲載されています。

「どの業界で働きたいか分からない」という方は「適職診断ツール」を利用して自分に合ったサイトを探すのもおすすめです。

求人検索

求人検索型転職サイトでは、自分の希望に合った条件に絞って求人を検索することができます。

勤務地や給料、福利厚生などの条件を設定して検索することで、自分が希望する条件にマッチしている求人を見つけやすくなりますのでぜひ活用しましょう。

そのほかにも、転職サイトごとに求人特集が組まれている場合もあります。

もし、求人特集が自分の希望に合うものであればぜひ確認してみましょう。

求人に応募

求人を検索して応募したい先があれば応募手続きを行いましょう。

求人への応募方法は応募先の企業によって異なりますが、WEB上の応募フォームに入力するものと、WEB上での入力に加えて履歴書、職務経歴書を送る必要があるものに分かれます。


求人検索型転職サイトでは、サイト上に応募書類の記載方法や記載例が載っていますので応募前に参考にすると良いでしょう。

面接

応募書類の選考に通過すると、面接へ進むことができます。

求人検索型転職サイトでは、業界ごとの面接のポイントや対策方法についてのコラムが掲載されているため、活用することで面接に通過しやすくなります。

中途採用の面接の場合は、1〜2回程度面接が行われます。

面接に通過すると、晴れて内定を獲得となり、転職活動もゴールへと近づきます。

内定・退職手続き

面接に通過して内定を獲得すると、入社手続きや現職の退職手続きを行う必要があります。

求人検索型転職サイト内に円満退職のためのポイントや、入社手続きを円滑に進めるための方法について記載されていますので参考にしながら手続きを行いましょう。

エージェント型転職サイトの場合

エージェント型転職サイトの場合には、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者から転職活動のサポートを受けたり求人紹介をしてもらいながら、転職活動を進める形になります。

どのようなサポートを受けることができるのか、詳しく確認していきましょう。

転職エージェントに登録

エージェントからの求人紹介、転職サポートを受けるためには、転職エージェントに登録しなければいけません。

転職エージェントにも様々な種類があります。

自分の希望する求人が見つかりやすいサイトを選んで登録しておきましょう。

例えば、様々な業種を紹介して欲しい方は、求人数が豊富な転職エージェントがおすすめです。

一方で、特定の業種に転職したい場合には、特化型の転職エージェントの登録すると希望の求人が見つかりやすくなります。

キャリアアドバイザーとのヒアリング・転職相談

転職エージェントの登録が完了すると、担当のキャリアアドバイザーから連絡が来て、面談の日程打ち合わせを行います。

面談では、希望する求人についてのヒアリングや転職に関する相談を行うことが可能です。

転職相談を行いながら、自分の強みや業界に関する知識を教えてもらうことで、自己分析・業界分析をサポートしてもらうこともできるため、ぜひ活用しましょう。

求人紹介

面談後にキャリアアドバイザーがヒアリングした内容を元に、希望条件に合う求人を紹介してくれます。

紹介してもらった求人の情報を確認しながら、応募したい求人を見つけましょう。

また、求人の中で気になる点がある場合や、詳しい条件を聞きたい場合には、キャリアアドバイザーに別途相談することで詳しく聞くことができます。

応募手続き

興味のある求人を見つけたら、実際に応募手続きをしてみましょう。

転職エージェントを経由して紹介してもらった求人については、キャリアアドバイザーが応募手続きを行ってくれる場合がほとんどです。

ただし、履歴書や職務経歴書などの書類が別途必要になった場合には、作成する必要があります。

もし、履歴書などの書類が必要になった場合には、志望動機や自己PRなどの欄を記載しなければいけません。

書類作成段階でキャリアアドバイザーに添削してもらうこともできますので活用してみましょう。

面接

書類選考に通過すると、面接へと進むことができます。

面接の際にもキャリアアドバイザーのサポートを受けることができます。

例えば、個別の面接へのアドバイスや、実際に模擬面接をしてもらいフィードバックを受けるなどのサポートを受けることができますので、本番前に活用しておくと良いでしょう。

また、転職エージェントによっては、面接の際に同行してくれたり、企業へ個別の推薦状を送ってくれる場合もあります。

内定・退職手続き

面接に通過すると、内定を獲得することができます。

内定獲得後は、入社日の打ち合わせ、入社手続き、退職手続きを行わなければいけません。

転職エージェントを利用して内定を獲得すると、入社日の打ち合わせはキャリアアドバイザーが代行してくれます。

また、給与の交渉なども代行して行ってくれます。

給与交渉は本人が直接行いにくいと感じる方も多いため、キャリアアドバイザーを活用して給与アップを狙いましょう。

さらに、退職手続きや退職の切り出し方についても、キャリアアドバイザーからのアドバイスを受けることができます。

女性の求職活動で転職サイトと合わせて見るべきサイト

求職活動を行う際には、転職サイト、転職エージェント以外にも役立つサイトがあります。

ここからは、転職サイトを合わせて活用したいお役立ちサイトについて、次の3つを紹介します。

  • ミイダス
  • 転職会議
  • 転職ドラフト

それぞれのサイトの特徴について、詳しく確認していきましょう。

ミイダス

ミイダスは自分の職歴、経験、スキルを入力することで、プロフィールをみた企業がスカウトを送ってくれるサイトです。

通常の転職サイト、転職エージェントとは異なり、企業側は求職者に応募するという「逆求人」「スカウト型」のサイトとなっています。

また、プロフィールを入力することで自分の年収水準や応募できる企業の数などの「市場価値」を知ることができます。

ミイダスで転職をする気がなくても、年収の参考にできるため登録してみてはいかがでしょうか。

転職会議

転職会議は企業の口コミ・評判を検索できるサイトです。

投稿された口コミは、実際に企業で働いている現役の社員や元社員のため、転職サイトでは知ることができなかった深い情報まで知ることができます。

転職サイトなどでは、給料や休日、福利厚生などは記載されていますが、社員の雰囲気や残業の頻度などの内部の事情までは網羅されていません。

転職会議で事前に口コミを見ておけば、入社後のギャップを減らすことができるため、より転職活動を成功させやすくなります。

また、企業によっては面接内容についての体験談や面接のアドバイスが記載されているため、転職活動のサポートとしても役立つサイトです。

転職ドラフト

転職ドラフトは、IT・エンジニア系の仕事に就きたい方におすすめのサイトです。

企業がIT・エンジニア職の年収を提示して、入札形式で選考が進むサイトとなっています。

希望の条件・年収の企業に応募し、企業から指名を受けることができれば、提示された年収で転職することができるため、年収アップを狙いやすくなっています。

通常の選考では、内定後に年収が決まるため、希望通りに進まないこともありますが、転職ドラフトでは初めから年収が決まった状態で応募できるため、良い待遇の会社に働きたい方におすすめです。

女性の転職でよくある質問

女性の転職活動では、いくつか不安に感じることやわからないことも多いでしょう。

ここからは女性の転職でよくある質問について、まとめました。

女性が転職しやすい職種は?

女性が転職しやすい職業としては女性ならではのスキルや、女性が持っている強みを活かせる職業になります。

例えば、女性ならではの気配りや女性目線に立って物事を考えることのできる接客、販売、サービス業などは、女性採用も多いです。

また、営業、コンサルティングなどの仕事も接客やサービス業と同じように相手の立場になって考えられる女性が活躍できる仕事でもあります。

他にも、経理や総務などの事務系の職業、バリバリ働くことのできる企画、広報の仕事、女性ならではのセンスを活かせるコーディネーターなどの仕事も女性が働きやすい職種となっています。

40代女性で未経験や資格なしの転職は厳しい?

40代女性でも、未経験の企業に転職することは可能です。

全ての業界・業種が経験者だけを募集しているわけではないため、年齢の要件をクリアしている未経験OKの企業であれば転職できます。

ただし、年齢が上がるごとにスキルや経験を求められるのも事実です。

しかし、資格や経験がなくてもこれまでの職歴や社会人として働いた経験を活かして未経験業種で活躍することも可能ですので、しっかりと自分の経歴についてアピールしましょう。

40代女性で転職に成功する方法は?

40代の女性が転職活動を成功させるために重要なポイントは2つあります。

  1. 自分のこれからのキャリアプランを考えること
  2. 自分のスキルや経験などを見直すこと

まず、キャリアプランを考えることは重要です。

これから管理職としてバリバリ働きたいのか、家庭や趣味を重視させたいのかによって働くべき環境は大きく変わります。

また、キャリアプランをはっきりさせた後は、自分のスキルや経験を見直して、これまでの経験を活かせるような仕事を探して面接時にアピールすることが重要です。

女性の転職で有利になる資格やスキルは?

女性の転職で有利になる資格やスキルは、どの業種・職種に募集するかによって異なります。

例えば、志望する職業・業種に応じて次のようなスキルがあると転職に有利になる可能性が高いです。

資格名 有利になる職業・職種
中小企業診断士コンサル・金融・管理職など
ファイナンシャルプランナー保険、金融、税理士事務所、経理職など
宅地建物取引士不動産、住宅営業など
TOEIC外資系、サービス業(ホテル、小売)など
日商簿記税理士、経理職など
社会保険労務士人事、社会保険労務士事務所など
メンタルヘルス・マネジメント人事部など
第2種免許ドライバー
MOS経理、事務職など
大型免許ドライバー
保育士保育士

自分の経験や職歴に自信のない方や新たな職種にチャレンジしてみたい方は関連する資格を取得することで転職に役立ちます。

まとめ

今回は、女性向けの転職サイトについて解説しました。

まとめ
  • 転職サイト、転職サイトで受けられるサービスが異なるため、自分に合ったものに登録する
  • 転職活動を成功させるためには、転職サイト・転職エージェントの両方に登録するのがおすすめ
  • 女性の転職市場は2020年に比べて求人数が増加傾向にあり、特にIT・エンジニア系の求人が豊富
  • 転職サイト・転職エージェント以外にも口コミサイトや逆求人型のサイトも並行して利用するのがおすすめ

女性の転職市場は常に変化する可能性があるため、転職活動を本格的に始める前から求人サイトに登録しておいて、求人の調査をするのがおすすめです。

また、転職エージェントでは、単純な転職相談のみの利用で面談することもできますので転職に不安のある方は利用してみましょう。

今回の記事を参考に、あなたに合った転職サイトや転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

関連記事