レバテックキャリアの悪い評判|転職者のリアル口コミから悪評の真相を検証

17 min

IT・エンジニアの転職に強いと言われている「レバテックキャリア」について気になっている方も多いのではないでしょうか?

経験者向けの特化型転職エージェントで、年収600万円以上の求人が7割以上も占めており、年収アップを狙う人におすすめです。

しかし、レバテックキャリアについて、良くない噂や口コミを耳にすることもあり、実際に登録するのは不安という方も多いと思います。

今回は、実際に利用した方の口コミから、評判や口コミの真相を徹底解説していきます。

目次

レバテックキャリアの悪い評判は本当?

レバテックキャリアの悪い評判は本当?

レバテックキャリアでは、次のような悪い口コミがありました。

  1. 条件にマッチしていない求人を紹介される
  2. 登録、利用を断られるケースもある
  3. 一部の職種の求人数が少ない
  4. 担当者がとにかく求人を紹介してくる
  5. コンサルタントの知識が浅い

口コミ内容の詳細について、詳しく解説していきます。

悪い評判①条件にマッチしない求人を紹介された

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

貴重な転職活動の時間を大幅に無駄にした

最初のヒアリングのみ丁寧に行われ、その印象で評価アンケートを求められる。初回の印象は良いので高評価となるが、実情はボロボロでした。
1. 勤務地の希望を最初に伝えているにもかかわらず、全国転勤ありの求人を紹介され、最終選考時点で事実を知らされる。
→選考を進めてきた時間の無駄
引用元:みん評

キャリアアドバイザーの中には、ヒアリング内容とは異なる求人を紹介してくる方もいるようです。

条件にマッチしない求人を紹介される原因は次の通りです。

  • キャリアアドバイザーのヒアリング力・分析力不足
  • キャリアアドバイザーが内定を獲得することを優先している
  • 希望条件が多い・限定的
  • 希望条件に見合う能力・業界経験がない

もし、条件にマッチしていない求人を紹介されてしまった場合には、素直に条件を伝え直すのが良いでしょう。

悪い評判②登録、利用を断られた

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

対応が悪い

カウンセリングを受けたのですがIT経験が浅いことから登録を断られました。きっぱりこと頂けるのは悪いことではありませんが、私の経歴から希望の職種につける可能性はゼロと言われたり、こちらの話を強引に割って話し始めるなど、まともに話を聞いていただけず、対応も悪かったです。カウンセリングを受けたことをとても後悔しています。
引用元:みん評

レバテックキャリアはIT・エンジニアの経験者向け求人がほとんどです。

未経験から挑戦したい方にとっては、希望の求人が少なくなる可能性はあります。

また、勤務地も都心部が中心でハイクラス向けの求人が全体の7割以上ということもあり、条件が限定的であるのも原因の1つでしょう。

登録を断られる原因は未経験というだけに限らず、年齢や勤務地・福利厚生などの条件面を加味して希望の求人が見つからないと判断された可能性もあります。

未経験の方でも、IT系のスクールに通っている場合や熱心に勉強をしている方などは、積極的にサポートしてくれる可能性が高いので積極的な姿勢をアピールすると良いでしょう。

未経験の方の場合は、他の転職エージェントと併用するという方法がおすすめです。

悪い評判③一部の職種の求人数が少ない

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

社内SEには弱いです

私は社内SE希望でした。うちは社内SEの求人はほとんどありません、とはっきり言ってもらえればよかったのですが、担当者は、しきりにユーザ系IT企業を推してきました。私は社内SE一本でしたので、一歩も引きませんでした。結局、ユーザ系企業にエントリーする意思がないことが分かると、担当者からの連絡が途絶えました。最初から社内SEの求人紹介は困難と言って欲しかったです。
引用元:みん評

口コミでは、社内SEの求人が少ないと記載されています。

確かに、社内SEは一般的なSEと比べて紹介率は悪くなる傾向がありますが、その理由については次のことが挙げられます。

  • 大量採用ではないため、全体の求人数が少ない
  • 職種としての人気が高いため、募集してもすぐに決まってしまう
  • 企業によって業務内容が異なるため、スキルにマッチする求人があるとは限らない

社内SEは一般の企業のため、特化型ではなく総合型の転職エージェントに求人を出している可能性も高いので総合型のエージェントにも登録しておきましょう。

社内SE以外にも、倍率が高くて募集数が少ない職種を希望する場合には、複数の転職エージェントに登録したくさんの求人から探すようにしましょう。

悪い評判④担当者がとにかく求人を勧めてくる

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

自分の売上にしか興味のない担当者にがっかり

新しい技術にチャレンジしたいって軸で転職活動を行なっていましたが、ここの担当者は「ここなら内定でると思います。」とか「一旦既存の技術でステップアップするのはどうでしょう」などレバテックに都合のいい事ばかり言っていて、全く信頼できなかったです。他社で受けたところ、希望に沿う求人が見つかりました。レバテックで妥協しなくて良かったと思います。
引用元:みん評

キャリアアドバイザーは登録者が内定を獲得することで、報酬を得ることができます。

そのため、自分の成績のために、たくさん求人を勧めて内定を獲得してもらおうとするキャリアアドバイザーがいるのも事実です。

しかし、これはレバテックキャリアだからという訳ではなく、どの転職エージェントでもそのようなキャリアアドバイザーがいる可能性があります。

担当者の求人紹介のスタイルが合わないと感じた場合には、素直に担当者変更をお願いしてみましょう。

悪い評判⑤コンサルタントの知識が浅い

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

採用企業側の感想です。

まず、担当者が技術について全く理解していません。何度も求人について口頭で説明しても検討違いの応募者を紹介しています。
また、応募者についてもご本人に求人の説明をほぼしていなくてお互いのミスマッチが多いです。それを担当者に改善要望をだしても「あってみないとわからない」「ほかの企業は会って判断することは当たり前」と言います。
引用元:みん評

キャリアコンサルタントの知識が浅いという口コミがありました。

転職エージェントの担当者にも、経験の浅い人や新人など、業界知識があまりない方も一定数いるのは事実です。

どの担当者になるかというのは選べないため、知識の浅いキャリアアドバイザーが担当となってしまい転職活動に支障をきたす場合には担当者変更をお願いするのが良い方法でしょう。

レバテックキャリアの良い評判は本当?

レバテックキャリアの良い評判は本当?

レバテックキャリアには、次のような良い口コミもあります。

  1. 転職サポートが充実
  2. 転職活動がスムーズに進む
  3. 良い待遇の職場を紹介してもらいやすい
  4. 登録が簡単
  5. IT業界に強い

それぞれの口コミの詳細について、詳しく確認していきましょう。

良い評判①転職サポートが充実!

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

サポートが充実してます。

いくつかある転職サイトで、私がここのサイトを選んだのは、充実しているサポートの大きさです。求人の数がやたらと多いサイトはどこにでもありますが、レバテックでは、企業ごとに面接の対策ポイントや、レジュメの添削が受けることができます。また、専属のキャリアアドバイザーがいて、親身にアドバイスをしてくれます。個別相談会があるとも聞いたので、今度友人を誘って行ってみようと思います。これからも使いたいサイトです。
引用元:みん評

担当のキャリアアドバイザーから、企業ごとの採用のポイントや面接の対策を1件ずつ行ってくれるのでより深いサポートを受けることができます。

また、レバテックキャリアでは「個別相談会」を定期的に開催しています。

個別相談会は、以下のように細分化されています。

  • 20代のための個別相談会
  • キャリアアップを目指す方向けの個別相談会
  • 市場価値を知りたい方の個別相談会
  • フリーランスを目指す方の個別相談会

自分の目的・悩みに合った相談ができる環境が整っていて、こういったサポートを活用することで、転職活動を成功させやすくなるでしょう。

良い評判②転職活動がスムーズに進んだ

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

ストレスや違和感は全くなし

私が特に感心したのは、作成したポートフォリオについてコーディネーターの方がフィードバックしてくれる点。これによって自分では気づかない弱点や強化ポイントを明確にすることが可能となります。特筆すべきは、現職を辞めるタイミングや円満退社するためのノウハウまで教えてくれたことです。おかげで転職活動がスムーズに進められました。
引用元:みん評

IT・エンジニアの転職では、それぞれの企業で必要なスキルが異なる場合が多いため、自分のスキルや経験をより明確に伝える必要があります。

キャリアアドバイザーとの面談を通じて、自分の強みや弱点などのフィードバックを受けることで、面接や書類選考に活かしやすく、選考がスムーズに進むことにつながります。

内定後にも退職のアドバイスやノウハウを教えてもらうことで、退職手続きをスムーズに進めることもできます。

良い評判③良い待遇の職場を紹介してもらえた

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

給料の高い職場を紹介してもらいました

私は専門学校を卒業してから、ITのプログラマーとして働いていたのですが、給料が思うようにもらえなかったので転職しようと考えていました。専門学校からの友人にその事を相談したら、「レバテックキャリア」と言うサイトがあるのを教えてくれました。そのサイトから自分の情報を入力すると後から担当者の方から電話がかかってきて、丁寧に数社の就職先を紹介してもらいました。その中から待遇が良い会社に応募して、面接までたどり着いて合格する事ができました。
引用元:みん評

レバテックキャリアは、昇給が目的の方におすすめの転職エージェントです。

年収600万円以上の求人が全体の7割以上と、高年収の求人が豊富です。

ある程度の経験・スキルは必要ですが、現在ITエンジニア・プログラマーとして働いている人で、現状の給料に満足していない方は、ぜひ利用してみることをおすすめします。

良い評判④登録が簡単

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

よかったです

メールアドレスや電話番号、スキルシートを入力するだけで簡単に会員登録する事ができました。求人数は少なかったですが、自分の気に入った就職先を選ぶ事ができました。アフターフォローも良くて、良い担当者の方にあたったと思っています。今では新しい職場環境の中で良い同僚と気分良く仕事をしています。
引用元:みん評

最短60秒程度で登録が完了するため、非常に簡単に会員になることができます

登録に必要な入力事項は、次の通り。

  • 希望の勤務形態(正社員・フリーランス・派遣)
  • 氏名・生年月日
  • 電話番号、メールアドレス
  • スキルシート、ポートフォリオの入力
  • その他の要望の入力

登録後は3営業日以内にキャリアアドバイザーから連絡が来て、今後の打ち合わせをします。

転職エージェントの登録は、複雑で面倒だと思っている方でも簡単に手続きできるので、おすすめです。

良い評判⑤IT業界に強い

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

IT業界を知れてよかった

私は今回、初めて利用してみました。強みはやはり、IT産業やweb産業に精通しているところだと思います。ITやweb産業は非常に伸びてきている業界の1つであり、志望する人たちが増えていると思います。
その中で、レバテックキャリアはその業界に重点を置いているので、その業界に絞って色々と検索し、就職活動をしている人に対しては、非常に良い効果を見込むことができます。私も利用して、良いサービスに巡りあえました。
引用元:みん評

IT・エンジニア業界は近年人気の職業で、求人数、応募者数ともに増えている状況です。

レバテックキャリアに在籍するキャリアアドバイザーは、IT・エンジニア業界に精通しているため、志望する人にとって有益なアドバイスもらえる可能性が高いです。

転職相談のみの登録も可能なので、IT業界に興味があり話だけでも聞いてみたいという方でも、登録するのがおすすめです。

レバテックキャリアが人気の理由!4つのメリット

レバテックキャリアが人気の理由!4つのメリット

レバテックキャリアはIT・エンジニア向けの転職エージェントとして人気が高いですが、具体的には次のようなメリットがあります。

  1. IT・エンジニアの求人が豊富
  2. 年間で3,000回以上の企業訪問により、独自情報を入手している
  3. 無料の個別相談会に誰でも参加できる
  4. 高年収・ハイキャリア求人に特化している

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

①IT・エンジニアの求人が豊富な特化型エージェント

IT・エンジニアの求人に特化した特化型転職エージェントなので、メガベンチャーから大手企業まで取り扱いがあり、エンジニアとして活躍したい方にとって非常に魅力的なサイトとなっています。

企業側にとっても特化型エージェントに求人を出した方が良い人材を集めやすいことから、非公開求人や有料求人は特化型エージェントに集まりやすい傾向にあります。

求人の地域を都市部に限定することで、より専門的で深い情報を得られ、手厚いサポートを受けやすい体制となっています。

②年間で3,000回以上の企業訪問を行い、独自情報を入手

キャリアアドバイザーの質が高い理由として、年間3,000回以上の企業訪問による独自情報の入手が挙げられます。

仕事内容だけでなく、以下のような情報まで踏み込んで調査しています。

  • 社風
  • 社員の年齢層・性別・雰囲気など
  • 残業時間の傾向
  • 給料・福利厚生

転職する上では、仕事内容も重要ですが、社風や給与、残業面などはワークライフにも関わる部分ですので、重視するべき点だと言えます。

事前に企業の深い情報まで知れるというのは、とても大きなメリットです。

③無料の個別相談会が誰でも利用できる

転職を検討している人向けに無料で個別相談会を実施しており、専門のキャリアアドバイザーと1対1で相談できるようになっています。

転職エージェントの面談よりも気軽に相談できるので、転職する意思が固まってない人や、転職したいけど漠然とした不安を抱えている人などにもおすすめ。

開催地は東京・大阪・福岡などの都市部ですが、電話やオンラインでの個別相談にも対応しているため、誰でも利用することができます。

IT・エンジニアの転職に少しでも興味のある方や、転職したいけどどうしたら良いかわからないなど転職活動に踏み出せていない方におすすめです。

④高年収・ハイキャリア求人が多い

ハイクラスな求人が豊富で、IT・エンジニアの求人に特化していながら、年収600万円以上の求人が8,000件以上もあります。

ハイクラス向け求人では相応のスキルや経験も問われますが、現在IT系の企業に勤めていて、さらにキャリアアップしたい方や、給料を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

レバテックキャリアの注意点!3つのデメリット

レバテックキャリアの注意点!3つのデメリット

レバテックキャリアでは、悪い口コミでも書かれていたように、デメリットがいくつかあります。

  1. 地域が都心部に限定
  2. 未経験求人が少ない
  3. 担当キャリアアドバイザーの能力の差が激しい

それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

①地域は都心部に限定されてしまう

IT・エンジニアに特化していますが、求人の多くは都心部に限定されています。

そもそもIT系の企業は東京などの大都市にオフィスを構えている場合が多いため、地方求人が少ない傾向にあります。

都心部に限定することで、他社よりも質の高い情報を得られるというメリットがある反面、地方の求人がほとんどないというデメリットがあります。

②未経験求人が少ない

特化型転職エージェントは専門分野があるため、募集する企業側もより専門性の高い人材を求めてきます。

求人の質の高さを売りにしているため、未経験の人にとっては転職がしにくいと言えます。

口コミにもありましたが、面談の段階で経験の有無を聞かれて判断されるといったことも多いため、スキル・経験がない人には登録が難しいかもしれません。

未経験向け求人は特化型よりも大手総合型の方が多い傾向にあるので、未経験からIT系の仕事を始めたい方は総合型のエージェントも検討しましょう。

③担当キャリアアドバイザーの能力の差が激しい

多くの転職エージェントに共通することですが、キャリアアドバイザーには能力の差があります。

例えば、新人のキャリアアドバイザーの場合、業界に精通していないことが多く、知識不足である傾向が多いです。

また、人によってはコミュニケーション能力が不足していたりレスポンスが遅いアドバイザーもいる可能性があります。

そのため、キャリアアドバイザーの良し悪しによって転職活動がスムーズに進まなかったり、希望条件とマッチしないこともあるでしょう。

レバテックキャリアはこんな人におすすめ

レバテックキャリアはこんな人におすすめ

レバテックキャリアの評判やメリットデメリットについて紹介しましたが、自分に合っている転職エージェントかわからないという方も多いでしょう。

ここからはレバテックキャリアがおすすめの人・おすすめでない人の特徴について解説していきます。

レバテックキャリアがおすすめな人

レバテックキャリアがおすすめな人は次のような人です。

  • IT・エンジニアの経験がある人
  • エンジニアのスキル・知識がある人
  • 年収を上げたい人
  • ハイクラス向けの転職エージェントを利用したい人
  • 都市部で働きたい人

レバテックキャリアは、都心部に特化したIT・エンジニア系のハイクラス向け求人を多く取り揃えています。

エンジニアとして活躍していた方や、大都市でたくさん働いて稼ぎたいというような方は、レバテックキャリアで希望の求人を見つけやすいでしょう。

レバテックキャリアが向いてない人

一方、レバテックキャリアに向いていない方は次のような人です。

  • IT・エンジニア未経験の人
  • スキルや経験に自信のない人
  • 地方で働きたい人
  • 給料が低くてもいいからある程度楽な仕事が良い方

レバテックキャリアは特化型転職エージェントの中でもさらに勤務地や求人のレベルを限定させているため、上記のような方にとっては希望の求人を見つけにくくなっています。

必ずしもレバテックキャリアが向いていないからといって転職に成功できないというわけではありませんが、未経験向けや地方求人を多く揃えている転職エージェントを利用した方が、転職の成功確率は高くなると言えるでしょう。

レバテックキャリアの登録から内定獲得までの流れ

レバテックキャリアの登録から内定獲得までの流れ

「レバテックキャリアで転職したいけれど、どのように転職活動を進めていけば良いかわからない」というお悩みをお持ちの方も多いと思います。

ここからは、レバテックキャリアを登録してから、内定を得るまでの流れについて、解説していきます。

①Webで会員登録する

まずは、レバテックキャリアに会員登録を行いましょう。

会員登録のためには、次のような情報を入力する必要があります。

  • 本人情報(氏名、住所、電話番号)
  • これまでの職務経験
  • 保有スキル、自己PRなど
  • 希望する求人の条件
  • 希望する転職時期

上記の情報は、会員登録後に、キャリアアドバイザーと面談する際や求人を紹介してもらう際に重要な項目になります。

自分の経歴に自信がなくても、ありのままの情報を記載するようにしましょう。

正しい情報を入力することで、キャリアアドバイザーから的確なアドバイスをもらいやすくなります。

②キャリアドバイザーとの面談

会員登録が完了したら、キャリアアドバイザーから連絡が来ます。

まずは、面談を行う必要があるので、日程を調整しましょう。

面談は対面で行うのが一般的ですが、オンラインで行うこともできますので日程等厳しい方は相談してみましょう。

キャリアアドバイザーとの面談は、面接ではないので私服などでOK。

面談では、登録した情報に基づいて、詳しいヒアリングが行われ以下のようなことを確認します。

  • これまでの職歴、経歴、業務内容など
  • 業界経験の有無、経験年数など
  • 保有するスキル
  • 希望する求人の条件
  • 転職をいつまでに行いたいか?
  • 今後のキャリアプランの展望

上記の内容は、今後の求人の紹介の際や応募企業へ推薦状を送る際に、非常に重要なポイントとなります。

また、ヒアリング内容を元にキャリアアドバイザーから、転職活動に対する個別アドバイスを受けられます。

アドバイスでは転職活動の方法や、IT業界に関する知識、採用率を上げるためのコツなど様々です。

面談を行いながら、自分のキャリアアップのために積極的に相談しましょう。

③求人紹介

キャリアアドバイザーとの面談が終わると、スキルやキャリアプラン、希望条件を加味しながら、求人を紹介されます。

自分の経験や希望条件によっては、完璧にマッチしない求人もあるかもしれませんが、福利厚生や社風、勤務形態も含めてより良い求人を多数紹介してくれます。

紹介された求人について、気になる企業があればキャリアアドバイザーに積極的に相談しましょう

その企業の深い情報について教えてもらえる可能性があります。

④応募書類の添削・面接対策

求人探しの目処がついた段階で、応募前に準備を行う必要があります。

具体的には、応募書類の添削や面接対策です。

応募書類ではこれまでの経験や自己PR、志望動機などを記載するのが一般的ですが、応募前に一度キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

応募書類の書き方についてのアドバイスや、実際の書類の改善点などの添削を受けられます。

また、応募書類と並行して面接対策も行わなければいけません。

面接対策では、面接での質問内容の傾向や的確な答え方などを教えてもらえるほか、実際に模擬面接を行うこともできます。

模擬面接ではより実践形式に近い状況で練習できるため、面接対策の方法として適しています。

IT・エンジニア向け転職に特化した志望動機や自己PRの書き方、IT系ならではの質問などの対策を取ることができます。

特化型転職エージェントでは、応募書類の添削時や面接対策時により深い知識を得られるのでぜひ活用しましょう。

⑤応募・面接

応募したい企業が見つかり、応募書類の添削が完了すると、実際に応募手続きをします。

応募に関しては、キャリアアドバイザーに応募書類を提出することで、アドバイザーから応募企業へ直接提出してくれるのでぜひ活用しましょう。

その際にアドバイザーが、企業に「推薦状」を出してくれます。

推薦状は、これまでのヒアリング内容などを加味して、応募者の魅力を企業に伝えてくれるので、通過率が高くなったり、面接時に良い印象を持たれたりする場合が多いので積極的にエージェントを活用しましょう。

書類選考に通過すると、面接となります。

もし、面接でうまくアピールできなかった場合には、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

キャリアアドバイザーが、直接企業に強みを伝えてくれる可能性があります。

⑥内定・退職サポート

無事面接に通過すると、内定となります。

内定後に行うことは次の3つです。

  • 入社日の打ち合わせ
  • 諸条件の確認、交渉(給与面など)
  • 退職手続き

上記の手続きでは、キャリアアドバイザーからのサポートを受けることができます。

例えば、希望入社日や年収アップの交渉について、キャリアアドバイザーに相談することで、企業と打ち合わせを行ってくれます。

また、退職手続きについてもアドバイスを受けたり、実際に退職手続きを一緒に行ってくれる場合があります。

内定後も転職エージェントのサポートを受けられるので積極的に活用しましょう。

レバテックキャリアを最大限有効に活用するポイント

レバテックキャリアを最大限有効に活用するポイント

レバテックキャリアに登録しても、人によっては転職活動が上手くいかないという人もいるかもしれません。

転職エージェントをを有効活用するためには、いくつか意識しなければいけないことがあります。

ここからは、有効活用するためのポイントを紹介します。

①質問や相談は積極的に行う

レバテックキャリアでは、キャリアアドバイザーとの面談を通じて転職の相談を行うことができます。

面談時や面談後のやり取りで、積極的に相談を行うようにすると、転職の意欲が高いという印象になり、キャリアアドバイザーからの評価も高くなります。

評価が高ければ、求人をたくさん紹介してくれる可能性も高くなります。

企業に応募した際、選考に通りやすくなるよう後押ししてくれるかもしれません。

転職活動においても、意欲は重視されますので積極的にアピールしましょう。

②転職時期は最短時期を伝えておく

キャリアアドバイザーとの面談で転職の見込み時期を聞かれる場面があると思いますが、なるべく最短時期を伝えておきましょう。

転職希望時期が遅いということは「すぐには転職活動をしない」というように受け取られてしまい、求人を積極的に紹介してもらえなくなる可能性があります。

すぐに転職する予定がなくても、情報収集目的で転職エージェントに登録するのは有効的です。

多くの求人を紹介してもらうためにも、転職希望時期は3ヶ月以内にしておくのが望ましいでしょう。

③担当者が合わないと感じたら変更してもらうようにする

転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは人それぞれですので、自分にとって合わない人が担当者となってしまうこともあるでしょう。

もし、担当のキャリアアドバイザーが合わないと感じたら、変更してもらうように相談してもらいます。

担当のキャリアアドバイザーが合わないと感じたまま転職のサポートを受けても、満足なサポートを受けられない可能性が高いです。

他の転職エージェントを利用するという方法もありますが、レバテックキャリアの強みであるハイキャリア向け求人のIT企業に特化しているサイトは少ないため、担当者を変えたもらった方が転職活動を成功させやすいでしょう。

④推薦文は自分でもチェックする

レバテックキャリアで紹介したもらった求人に応募する際、キャリアアドバイザーが企業に推薦文を送ってくれますが、その推薦文は自分でもチェックするようにしましょう。

企業側は、応募書類と、キャリアアドバイザーからの推薦文を元に、その人のスキルや人柄を判断することになります。

もし、推薦状と面接時に発言した内容が異なっていた場合、面接官が不審に思ってしまう可能性もありますのであらかじめチェックしておくことが望ましいです。

⑤企業の評判を口コミサイトで調査する

紹介してもらった求人で興味のあるものは、企業の口コミサイトで実情を調査しておきましょう。

ミイダス転職会議を利用することで、実際に企業で働いた人の口コミを聞くことができます。

実際に働いた人にしかわからない会社の雰囲気や残業時間の実態、有給の取りやすさなどが記載されているため、応募前に入社後のギャップをなくすという目的で利用するのが望ましいです。

⑥レバテックキャリア以外の転職エージェントも併用する

転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントも並行して利用しましょう。

他の転職エージェントを利用することで、レバテックキャリアで紹介されなかった求人が見つかります。

複数の転職エージェントを利用する際は、特化型だけでなく、総合型の転職エージェントも利用するようにしましょう。

総合型、特化型の転職エージェントは、それぞれ以下のようにメリットやデメリットが異なります。

メリットデメリット
総合型幅広い業種、職種の求人を掲載している
求人数が豊富転職成功実績数が豊富
担当アドバイザーが業界に精通していない可能性がある
サポートが事務的な可能性がある
特化型キャリアアドバイザーが業界に精通している
アドバイス、サポートが充実
その分野の独自の求人を保有している場合がある
総合型に比べて求人数は少ない傾向にある
未経験の転職が難しい場合がある
専門分野以外の求人は取り扱っていない

総合型、特化型の転職エージェントを利用して比較することで、自分に最適な転職エージェントを探すことができます。

レバテックキャリアと併用すべき人気の転職エージェント

レバテックキャリアと併用すべき人気の転職エージェント

転職活動を成功させるためには、複数の転職エージェントに登録しながら比較していくことが重要です。

ここからは、レバテックキャリアと合わせて利用したい人気の転職エージェントについて、詳しく解説していきます。

おすすめのIT特化型転職エージェント

エンジニアにおすすめのIT特化型エージェントは次の表の通りです。

レバテック
キャリア
DYM IT就職社内SE転職ナビGEEK JOB
公開
求人数
約10,000件
(非公開求人含む)
約2,500件非公開非公開
非公開
求人数
非公開非公開非公開非公開
満足度☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5
特徴IT、Webデザイナー
の求人に特化
エンジニア特化、
未経験可の取り扱い多数
社内SEの求人に
特化した転職サイト
未経験OKの求人多数、
エンジニア養成スクールも
併用できる
対象年代20代〜40代20代、30代20代〜30代20代〜30代
得意業種IT、エンジニアITIT、エンジニアIT、エンジニア
エリア全国全国全国全国
公式リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

それぞれの詳細について、詳しく確認していきましょう。

DYM IT転職

DYM IT転職もレバテックキャリアと同じ、IT・エンジニアに特化した転職エージェントです。

ベンチャーから一部上場企業まで幅広い求人の取り扱いがあり、スキルアップできる求人が豊富です。

経験者向けに展開している転職エージェントのため、レバテックキャリアとサポート内容が似ており、合わせて利用しておきたい転職エージェントです。

社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは名前の通り、社内SEの求人に特化した転職エージェントです。

社内SEの求人を探せるというのはもちろんですが、キャリアアドバイザーにノルマがないため、希望に合わない求人を大量に紹介されるということがなく、自分に合った求人を見つけやすいのが特徴です。

レバテックキャリアの悪い口コミで見受けられた「社内SEが少ない」「大量に求人を紹介される」というデメリットがないので、こちらも併用してみるのがおすすめです。

GEEK JOB

GEEK JOBは未経験の方でも応募しやすい、エンジニア特化型転職サービスです。

最大の特徴は、転職支援だけでなく、エンジニアの学習支援も受けられるという点です。

エンジニアで高年収の仕事に就きたいけど、スキルに自身がない方や未経験からエンジニアを目指したい方におすすめの転職エージェントです。

おすすめの総合型転職エージェント

レバテックキャリアとあわせて利用したい総合型転職エージェントは、以下が挙げられます。

リクルート
エージェント
dodaマイナビ
エージェント
パソナキャリアビズリーチ
公開
求人数
約10万件約72,000件約22,000件約6,000件約96,000件
非公開
求人数
約10万件約35,000件約14,000件約20,000件約30,000件
満足度☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆☆4
特徴求人数No.1求人の質、
数が十分
サービスが
充実
女性向けの
サポートが充実
高年収の
求人が豊富
対象年代20〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜30代30代前後
得意業種IT、通信営業事務系、営業系事務系商社、外資系
エリア全国全国全国全国全国
公式リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

それぞれの転職エージェントの特徴を詳しくみていきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、掲載求人数が業界NO.1の大手総合型転職エージェントです。

全国様々な求人が掲載されているため、とりあえず登録しておくだけでも、希望の求人が見つかる可能性が高いです。

他にもリクルート系列の転職ノウハウを生かしたサービスや大手ならではの、スピーディーな対応が評判の転職エージェントです。

doda

dodaでは求人数が10万件以上掲載されており、豊富な求人の中から自分の希望条件に合ったものを探すことができます。

転職サイト、転職エージェントのどちらの機能も使えます。

例えば、最初は転職エージェントを利用せずにdodaを利用して求人を検索し、本格的に転職活動を始めたい時にエージェントの支援を受けるということもできます。

また、口コミではエージェントのサポートが良かったとの評判が多いのも特徴です。

パソナキャリア

パソナキャリアは、女性にぜひおすすめしたい転職エージェントです。

パソナキャリアの運営元であるパソナグループは女性社員が過半数を占めており、女性の管理職が男性よりも多いです。

女性が活躍している企業ということは、女性転職者の悩みを理解でき、的確なアドバイスをしてくれます。

積極的に転職相談をしたい方や、質の高いキャリアアドバイザーを利用したい女性の方はパソナキャリアに登録するのがおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、リクルートエージェントやdodaと比べると、求人数が少なく、利用者数も少ないです。

しかし、大手転職エージェントのなかでも利用者が少ない分、求職者1人あたりのサポートが手厚くなります。

また、女性管理職を目指している方は「GroWomen Leaders」を利用することで、女性の働き方の参考となるでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチは、高年収、管理職などの求人を豊富に取り揃えている、ハイクラス向けスカウト型転職エージェントです。

レバテックキャリアと同様に高年収向け求人に特化しているため、スキルや経験があれば年収アップも可能です。

求人サイトでは珍しく、有料プランがあり、有料プランを使ってプレミアム求人を検索、応募することもできます。

高年収にこだわるのであれば、ビズリーチも並行して登録しておきましょう。

レバテックキャリアに関するよくある質問

レバテックキャリアに関するよくある質問

「レバテックキャリアに登録してみたいけど不安」という方もいると思います。

ここでは、レバテックキャリアを検討している方向けに、よくある質問をまとめました。

Q

レバテックキャリアは登録が難しい?断られないコツは?

A

経験者向けの高年収求人が多いため、未経験向けの求人は少ない傾向にあります。
求人の地域も都心部に限定されている可能性が高いので、人によっては希望条件に合う求人が少ないと感じる人もいるかもしれません。
キャリアアドバイザーが希望条件に合致する案件が無いと判断した場合には登録を断られる可能性もあります。
登録を断られないためには、レバテックキャリアの特徴をよく理解して、本当に希望条件が見つけやすそうか判断しましょう。
未経験や地方求人を探したい場合には他の転職サイト・転職エージェントの方が適している可能性もあります。

Q

レバテックキャリアの返信が遅いって本当?

A

通常登録してから、3営業日以内にキャリアアドバイザーから連絡が来ることになっています。
土日祝日などを挟む場合、初回の連絡が遅くなってしまうこともあります。
通常の返信作業が特別遅いということはありませんので、安心して利用することができます。
もし、登録したのに返信が来ない場合や、担当キャリアアドバイザーのレスポンスが悪い時には「お問い合わせ」から連絡してみると解決できるでしょう。

Q

今すぐ転職する気がなくても利用できる?

A

登録後すぐに求人を応募する目的がない場合でも、情報収集のために利用することができます。
転職の相談やIT・エンジニア業界の動向を聞きたいという目的だけでも、利用することができるのが魅力です。
IT・エンジニア業界は人気の高い職業のため、転職活動を本格的に始める前に積極的に相談してみましょう。

Q

条件に合う求人が見つからなかった場合、サービスは終了する?

A

希望する求人の条件や、自分のスキル・経験にマッチする求人がない場合というのも考えられます。
キャリアアドバイザーから、条件に合う求人が見つからなかったという連絡が来ることもあるでしょう。
しかし、その後も最新の求人情報が出るたびにキャリアアドバイザーが提案可能な求人の有無を確認してくれます。
市場によって求人の動向は常に変化し続けるので、登録時に希望する条件の求人がなくても、後から自分に合う求人が出てくる可能性はあります。
求人が見つからなくてもサービスが終了するということはないので、そのまま登録し続けるのが良いでしょう。
また、求人がなくても転職の相談は随時可能ですので相談目的で利用するのもおすすめです。

Q

レバテックキャリアってどこが運営しているの?怪しい会社ではない?

A

レバテック株式会社という会社が、運営している転職エージェントです。
レバレジーズ株式会社から、エンジニア・クリエイター向け人材サービスを提供する目的で分社化された会社で、次のようなサイト・サービスを運営しています。

  • レバテックフリーランス(フリーランス向けサイト)
  • レバテッククリエイター(デザイナー・クリエイター向けサイト)
  • レバテックダイレクト(企業から直接スカウトが届く転職サイト)
  • レバテックルーキー(新卒向け就活支援サービス)
  • レバテックカレッジ(大学生・大学院生向け就職支援付きプログラミングスクール)

レバテックキャリアだけでなく、IT・エンジニア向け就活サイトやスクールなどを運営しているため、会社全体がIT・エンジニア向けに特化しています。

まとめ

まとめ

今回は、レバテックキャリアの評判について解説しました。

  • レバテックキャリアはIT・エンジニアに特化した経験者向けの転職エージェント
  • 高年収の求人が多く、給料アップを狙いやすい
  • 無料で開催される個別相談会が充実している
  • 都心部の求人は豊富で、地方向け求人は少ない
  • 経験者向けの高年収求人が多いため、未経験の人にとっては使いにくい一面もある
  • レバテックキャリアだけでなく、他の転職エージェント(総合型、特化型含む)も併用するのがおすすめ

レバテックキャリアは、年収をアップさせたいIT・エンジニア系の職業の方におすすめの転職エージェントです。

勤務地は制限されてしまいますが、都心部で働きたい方は自分の希望に合う求人が見つかる可能性が高いです。

また、転職エージェントは1社だけ登録するよりも、複数社のエージェントや求人を比較しながら利用した方が転職活動を成功させやすいため、今回紹介したサイトを参考にしながら自分に合っている転職エージェントを登録してみてはいかがでしょうか。

関連記事