転職エージェントの選び方と見極め方|転職を成功させるための活用方法

15 min

「転職エージェントがたくさんありすぎて、どのサービスに登録したら良いかわからない」

というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントは、それぞれ特徴や対象年代、得意業種などが異なるため、自分の希望する求人に特化しているかに注目して選ぶ必要があります。

また、転職エージェントでは、キャリアアドバイザーからの求人紹介や転職サポートを受けられるので、キャリアアドバイザーの質も重要になります。

本記事では、転職エージェントの選び方、おすすめの転職エージェントについて、詳しく解説していきます。

優秀な転職エージェントの見極め方

優秀な転職エージェントの見極め方

優秀な転職エージェントを見極める方法としては、キャリアアドバイザーが優秀かどうかを判断するという方法があります。

キャリアアドバイザーも1人の人間なので、人によって対応は様々です。

キャリアアドバイザーを見極めるには、優秀なキャリアアドバイザーの条件に当てはまっているか、NGなキャリアアドバイザーの条件に当てはまっていないかを確認して判断しましょう。

優秀なキャリアアドバイザーの条件

優秀なキャリアアドバイザーの条件は、求職者のために行動してくれるキャリアアドバイザーです。

したがって、自分の希望にマッチする求人を紹介してくれたり、キャリア相談を丁寧に行ってくれるようなキャリアアドバイザーが優秀と言えるでしょう。

ここでは、優秀なキャリアアドバイザーの条件について、詳しく解説していきます。

 求人を紹介するだけでなく丁寧にキャリア相談を行ってくれる

キャリア相談を行ってくれる

求人の紹介だけでなく、丁寧にキャリアの相談を行ってくれるアドバイザーだと転職の成功率も高くなります。

転職エージェントでは、求職者が転職を決めた段階で報酬が発生するため、たくさんの求人を紹介してくれるアドバイザーはたくさんいます。

しかし、それ以上にキャリアなどの相談や転職後のアドバイスを行ってくれる担当アドバイザーであれば、自分の転職活動にとってプラスになり、転職活動や転職後に活かすことができます。

したがって転職を成功させたいのであれば、キャリア相談を親身に行ってくれるアドバイザーにするべきです。

 志望する業界や職種に精通している

志望する業界や職種に精通している

志望する業界や職種に精通している人が担当だと以下のようなメリットがあります。

  • その業界や職種のメリット、デメリットを説明してもらえる
  • 面接対策、応募書類の細かいアドバイスをもらえる
  • 求人の細かい労働条件について把握している

一方で、応募する業界や職種の知識が少ないキャリアアドバイザーだと、求人の紹介や一般的な転職のアドバイスしか受けられません。

したがってキャリアアドバイザーが志望業界に精通しているかどうかで、転職活動の成功に差が出てしまうことになります。

転職エージェントの登録の際に希望業界を入力しておくことで、その業界に詳しい担当をつけてもらいやすくなります。

 要望に合った良質な求人案件を紹介してくれる

要望に合った良質な求人案件を紹介してくれる

要望に合った良質な求人を紹介してくれるキャリアアドバイザーは次のような特徴を持っています。

  • 細かいニーズを聞き取り、それに応える力がある
  • たくさんの求人を知っている
  • その転職エージェントの求人の質が良い
  • 他の相談事にも応じてくれる

したがって、要望に合った良質な求人を紹介してくれるキャリアアドバイザーからカウンセリングを受けることで、求人選びだけでなく、転職活動そのものを成功させやすくなります

 求人を紹介する際におすすめの理由として納得できる説明をしてくれる

納得できる説明をしてくれる

紹介された求人のおすすめポイントがわかるということは、その求人のメリットや魅力を適切に理解しているということになります。

その求人がなぜ自分に合っているのかをわかりやすく説明してくれるので、入社後のギャップを少なくすることができます。

また、求人を的確に紹介できて、おすすめの理由も教えてくれる人であれば、その業界や職種の知識が豊富で、精通している可能性が高くなります。

そのため、他の求人がおすすめではない理由や、他の要望を伝えた時にも的確なアドバイスをもらうことができます。

したがって求人を紹介してもらう際にその求人がおすすめである理由を聞いて、良いキャリアアドバイザーであるか判断するようにしましょう。

 企業へ求職者を売り込む営業スキルがある

企業へ求職者を売り込む営業スキルがある

優秀なキャリアアドバイザーの条件として「企業へ求職者の魅力を適切に伝えるスキルがあるかどうか」が挙げられます。

転職エージェントでは、求職者が応募したい求人は、キャリアアドバイザーを通じて応募することになります。

応募書類をキャリアアドバイザーに提出した後、キャリアアドバイザーは企業に推薦状を送ったり、応募時に求職者の魅力を積極的に伝えてくれます。

転職エージェントを利用した転職活動では、このキャリアアドバイザーからの推薦によって採用の後押しとなることが多いです。

そのため、企業への売り込みスキルが高いキャリアアドバイザーを利用することで、転職活動を成功させやすくなります。

 適度な連絡ペースで適切なアドバイスをくれる

適度な連絡ペースで適切なアドバイスをくれる

連絡の頻度もキャリアアドバイザーを判断するうえで重要なポイントです。

自分の好きなペースで転職活動をしたいと思っていても、キャリアアドバイザーからしょっちゅうメールが来てしまうと、不快に思ったりストレスを感じてしまうでしょう。

そのため、連絡が多すぎるアドバイザーはかえって転職活動の妨げとなってしまいます。

連絡の頻度が多すぎず、こちらからの質問に迅速かつ適切に対応してくれるアドバイザーであれば、ストレスなくスムーズに転職活動ができ、相談もしやすくなります。

連絡をくれるペースやアドバイスの的確さも考慮してキャリアアドバイザーを選ぶようにしましょう。

NGなキャリアアドバイザーの特徴

NGなキャリアアドバイザーの特徴

キャリアアドバイザーの中には、求職者のためにならないサポートをしてくる方も多いです。

そのようなキャリアアドバイザーからサポートを受けても、自分の望むような転職活動ができない可能性があります。

ここでは、NGなキャリアアドバイザーの特徴についてそれぞれ解説していきます。

 ろくにヒアリングもせずに求人を紹介してくる

ろくにヒアリングもせずに求人を紹介してくる

キャリアアドバイザーの中には、ヒアリングもしていない状態でいきなり求人を紹介してくる人もいます。

そもそも転職エージェントでは、ヒアリングを行なった後に、自分の希望条件に合っている求人を紹介してもらい、応募するという流れが一般的です。

ヒアリングせずに求人を紹介してくるキャリアアドバイザーはとにかく求職者の細かいニーズに応えようとせず、とにかく成約率を上げたいと考えている可能性が高いので、求職者にとってメリットはありません。

転職に関するサポートも適切に行なってくれない可能性がありますのであまりおすすめできません。

 志望する業界や職種に対する知識が浅い

志望する業界や職種の知識がない人がキャリアアドバイザーだった場合、的確なアドバイスを受けられない可能性があります。

例えば、志望する求人に対して、給与面や残業時間の目安など、細かい情報を知りたかったとしても、業界に精通していなければ、正しい説明ができません。

また、応募書類や面接などのアドバイスをしてほしい場合に、一般的なアドバイスはできますが、業界ならではの志望動機や自己PR方法などの細かいアドバイスをしてもらえないというデメリットがあります。

そのため、志望する業界に精通している人がアドバイザーであることが望ましいです。

 そもそも志望していない求人を紹介してくる

志望していない求人を紹介してくる

キャリアアドバイザーの中にはそもそも志望していない業界や業種の求人を紹介してくることもあります。

もし、その求人が自分にとってメリットのある求人という納得できる理由があれば別ですが、志望していない求人を紹介されたとしても時間の無駄になってしまいます。

また、希望条件と違う求人を紹介してくるということは、求職者のことを考えていないか、的確な求人を出せない可能性がありますのでそのようなアドバイザーとはやり取りをするべきではないでしょう。

 内定が出やすい求人ばかりを紹介してくる

内定が出やすい求人ばかりを紹介してくる

内定率の高い求人や、内定の難易度が低い求人を紹介してくれるアドバイザーもいますが、あまりおすすめできません。

内定が出やすいという求人はそもそも募集人数が多かったり、あまり応募者が集まっていない求人であることが多いです。

そのような求人では、応募者が集まらない理由があります。

例えば離職率が高い求人で大量に人材が必要な場合、内定が出やすい求人であることが多いですが、そのような求人で内定が出たとしても、転職後に後悔してしまう可能性が高いです。

内定が出やすい求人を紹介してくれるよりも、自分の希望する求人に内定できるようにアドバイスしてくれるキャリアアドバイザーが優秀といえます。

 条件にマッチしていないにも関わらず大量に求人を紹介するだけ

大量に求人を紹介するだけ

希望条件に合わない求人を大量に紹介してくるキャリアアドバイザーもおすすめできません。

エージェントの中には、求職者の成約率を上げるためにたくさんの求人を送るアドバイザーもいます

もし、自分の希望を無視して大量の求人を紹介してきた場合には、自分の希望通りの条件に合った求人を見つけるのに困難になってしまいます。

また、条件にマッチしていない求人を紹介されるくらいなら、転職サイトから求人を探す方が効率的です。

せっかく転職エージェントを利用しているのであれば厳選した求人を紹介してもらえる方が良いので、そのような求人を紹介してくれるアドバイザーと接点を持つようにしましょう。

 レスポンスが遅く、連絡が取りづらい

レスポンスが遅く、連絡が取りづらい

転職活動では、スピードが大事です。

なぜなら、人気の求人や条件の良い求人は応募者が殺到する場合やすぐに募集が終了してしまう場合があるからです。

自分の希望する求人が出ているのに、担当のキャリアアドバイザーのレスポンスが遅くて応募できないというような事態になる可能性があるため、できるだけレスポンスの早いキャリアアドバイザーを見極めるようにしましょう。

自分に合う転職エージェントの選び方

自分に合う転職エージェントの選び方

自分に合う転職エージェントを選ぶためには、複数のサイトを比較しながら自分に最適なキャリアアドバイザーを見つける必要があります。

ここでは、転職エージェントの選び方について、詳しく解説していきます。

①複数の転職エージェントに登録して比較する

複数の転職エージェントに登録して比較

自分に合った優秀なキャリアアドバイザーかどうかは、登録してみないとわかりません。

キャリアアドバイザーも1人の人間ですので、自分との相性もあります。

つまり、自分に合う転職エージェントを選ぶためには、複数の転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーを比較することが望ましいです。

また、転職エージェントごとに、キャリアアドバイザーの特性や専門分野が異なります。

したがって転職エージェント自体の種類にも注目して登録する必要があります。

転職エージェントには「総合型と特化型」「大手と中小がある」

転職エージェントにも様々な種類のものがあります。

具体的には「総合型と特化型」「大手と中小」の転職エージェントがあります。

総合型と特化型の転職エージェントの特徴は次の通りです。

メリットデメリット
総合型幅広い業種、職種の求人を掲載している求人数が豊富転職成功実績数が豊富担当アドバイザーが業界に精通していない可能性があるサポートが事務的な可能性がある
特化型キャリアアドバイザーが業界に精通しているアドバイス、サポートが充実その分野の独自の求人を保有している場合がある総合型に比べて求人数は少ない傾向にある未経験の転職が難しい場合がある専門分野以外の求人は取り扱っていない

総合型の転職エージェントではざまざまな業種の求人を紹介してもらうことが可能です。

一方で特化型のエージェントでは、キャリアアドバイザーによる専門的なアドバイスが期待できるでしょう。

志望する業界がある場合には特化型のエージェント中心に選び、幅広い業界から選びたい場合は総合型のエージェントを中心に登録することで、自分の希望の求人を見つけやすくなります。

また、大手の転職エージェントと、中小転職エージェントの違いは以下の通りです。

メリットデメリット
大手求人数が多い転職成功実績が豊富利用者数が多いため、1人にかけるサポートは少なくなる
中小キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる求人数が少ない実績が少ないケースもある

大手の転職エージェントは中小に比べて求人数が多いため、自分の希望する条件の求人を見つけやすいです。

一方で中小の転職エージェントは大手に比べて利用者数が少ないため、1人の求職者にかけられる時間が多いです。したがってキャリアアドバイザーのサポートが丁寧な場合が多いというのが魅力です。

大手も中小もそれぞれメリットが異なるので複数の転職エージェントに登録するのが望ましいです。例えば中小の転職エージェントのキャリアアドバイザーに細かい転職相談をしながら大手の転職エージェントで希望する条件の求人を紹介してもらうという使い方が効率的です。

②自分に合うキャリアアドバイザーに絞っていく

複数の転職エージェントに登録した後は、それぞれのキャリアアドバイザーと面談を行ってみましょう。

実際に面談を行うことにより、優秀なキャリアアドバイザーの条件に当てはまっているか、NGなキャリアアドバイザーかどうかを判断することができます。

また、キャリアアドバイザーごとに、強み弱みが異なる場合があります。例えば、自分の希望に合った求人をたくさん紹介してくれるアドバイザーもいれば、面接対策や書類の添削を丁寧に行ってくれるアドバイザーもいます。

必ずしも1人のキャリアアドバイザーに絞る必要はありません。前述の通り、求人紹介をお願いしたいアドバイザーと転職相談をしたいアドバイザーに分けて利用するという方法もあります。

面談をしながら、優秀なキャリアアドバイザーを2社程度に絞ることで、転職活動がスムーズに進むでしょう。

③対象の年齢層や口コミもチェック

対象の年齢層や口コミもチェック
評価を選択するビジネスマン

転職エージェントでは、対象となる年齢層を狭めてその年齢層の転職活動のサポートに特化しているものがあります。

例えば、マイナビジョブ20’sでは20代の既卒社会人向けに転職のサポートを行っており、20代の採用現場に精通したキャリアアドバイザーを多数在籍させています。

20代向けの転職エージェントに30代の方が登録しても、希望する求人がないことや的確なアドバイスを受けられない可能性が考えられます。

また、転職エージェントの口コミを見ることで実際に利用した人の感想を見ることができます。

転職エージェントによっては求人をたくさん紹介してくれるところやアドバイザーのキャリア相談が丁寧なところもあるので実際の口コミを参考にしながら自分に合う転職エージェントを探すと良いです

また、転職サイト以外にも転職活動で有効活用できるサイトがいくつかあります。

例えば、ミイダスや転職会議などを見ることで、自分の市場価値を理解したり、希望する求人の内部状況を確認することができます。

サイト名特徴
ミイダス自分の転職市場価値を教えてもらえるスキル、キャリア状況から、適正年収がわかる自分のプロフィールを見た会社からオファーが来る
転職会議社員の口コミを見ることができる実際の年収水準がわかる社風、残業時間、給与面がグラフ化されている
OpenWork会社がスコア化されている社員、元社員の口コミを見ることができる

キャリアアドバイザーは実際の企業の社風や給与の状況まではわからないことがあるため、上記のサイトを参考にするとより転職活動をスムーズに行うことができます。

転職エージェントの上手な活用方法

転職エージェントの上手な活用方法

転職エージェントを上手く活用することで、転職活動がスムーズに行えます。

実は、転職エージェントは求人の紹介や面接のアドバイスだけでなく、企業への交渉や退職のサポートまで手伝ってくれます。

ここでは、転職エージェントの上手な活用方法について、詳しくみていきましょう。

転職エージェントの活用方法【求人選び〜応募】

求人選び

まずは、求人を選ぶために、キャリアアドバイザーと面談をしましょう。

面談の中で希望条件等をヒアリングすることでキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれます。

面談の際のポイントとしては条件を絞りすぎないということです。転職エージェントを利用することで自分では気づかなかった魅力的な求人に出会うことができます。

しかし、ヒアリングの段階で条件が多すぎると、そもそも紹介できる求人が少なくなってしまいます。条件通りの求人を選ぶだけなら、転職サイトで検索すれば調べることができます。

せっかく転職エージェントを利用するなら、自分では気づかない魅力的な求人を紹介してもらう方がよりメリットがあります。最低限譲れない条件を伝えるようにすることで、様々な企業を紹介してもらうことができるでしょう。

その後、応募したい求人を選び、キャリアアドバイザーを通じて応募手続きをしましょう。応募数に制限はありませんが、たくさん応募しすぎるのはNGです。

転職エージェントに紹介してもらった求人全てに応募してしまうと1社にかけられる時間が少なくなり、かえって内定をもらいにくくなります。そのため、自分のキャパシティを超えない範囲で応募することが望ましいです。

したがって紹介された求人をすぐに応募するのではなく、複数の求人と比較して応募したい求人を厳選するようにしましょう。

転職エージェントの活用方法【面接】

面接

書類選考に通過したらいよいよ面接になります。

面接の際には転職エージェントを利用して次のサービスが受けられます。

  • 企業との面接日程の調整
  • 面接対策

面接日程の調整をしてもらうメリットとしては、転職スケジュールを合わせやすいということです。

もし、面接日程が早すぎると内定が出た場合に回答期限がすぐに来てしまいます。

希望する企業が他にある場合に、その企業に待ってもらうことができないのでそもそもの面接日程をずらすことで、他の内定状況に合わせることができます。

また、転職エージェントを利用する場合には、面接対策を活用しましょう。

キャリアアドバイザーは、業界ごとの選考のポイントを把握しています。

また、面談の際に自分のスキルや経験を伝えているので、的確な面接のアドバイスを受けることができます。

模擬面接を通じて面接の話し方や答える内容のフィードバックをもらいながら、内定率を上げましょう。

転職エージェントの活用方法【内定〜退職】

内定

内定が出た後でも、転職エージェントを活用することができます。

具体的な活用内容は次のとおりです。

  • 給与の交渉
  • 労働条件、入社日の調整
  • 退職の手続きの斡旋

内定が出た際にはスキルや前職での経験に応じて給与が決定されます。

しかし、給与を上げて欲しい場合に自分で交渉をするのは気が引けるでしょう。

その際に転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに給与の交渉をしてもらうことで自分の評価を下げずに給与を上げられる可能性があります。

また、労働条件や入社日についても、自分で交渉することで会社に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

転職エージェントでは、細かい条件の擦り合わせに対応してくれるのでぜひ活用してみましょう。

さらに、転職エージェントの中には、退職の手続きのサポートを行ってくれるものもあります。

自分で退職を切り出すのは気まずいという方も多いと思います。

そこで、転職エージェントを活用することで、円満な退職となるようにサポートを受けることができます。

転職エージェントを比較

ここでは、転職エージェントの概要について、表にまとめました。

マイナビジョブ20’sウズキャリ既卒リクルートエージェントマイナビエージェントdodaパソナキャリア
公開求人数約2,000件非公開約10万件約22,000件約72,000件約6,000件
非公開求人数非公開非公開約10万件約14,000件約35,000件約20,000件
満足度☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5☆☆☆☆☆5☆☆☆☆4☆☆☆☆☆5☆☆☆☆4
特徴20代既卒市場に詳しい既卒、第二新卒向け求人に特化求人数No.1サービスが充実幅広い業種に対応、求人数が10万件以上女性向けのサポートが充実
対象年代20代20代20〜40代20代〜40代20〜40代20代〜40代
得意業種営業IT、通信IT、通信事務系、営業系営業、IT、通信事務系
エリア全国全国全国全国全国全国
公式リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

おすすめの転職エージェント6選

おすすめの転職エージェント6選

転職エージェントの種類は豊富なため、それぞれの人に合った転職エージェントを選ぶ必要があります。

ここでは、年代別におすすめの転職エージェントについて、それぞれ紹介していきます。

【20代向け】おすすめの転職エージェント

20代で転職を考える人は相当数いるため、20代の転職に特化している転職エージェントもいくつかあります。

20代向けにおすすめの転職エージェントについて、解説していきます。

 マイナビジョブ20’s

特徴
  • キャリアアドバイザーが20代転職市場を熟知
  • マイナビグループのノウハウを生かしたアドバイスを受けられる
  • 年間約40,000人の登録者数
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_user.gif

手厚いサポート

いくつか転職サイトを見ていたのですが、無料の転職支援に惹かれてこちらのサイトに登録しました。初めてこの手の支援を受けましたが、これが無料で受けられるのというのが正直な感想でした。私自身、書類選考で落ちることが多かったので、履歴書の添削をしてもらえたのは心強かったです。また、企業とのやりとりもアドバイザーの方が行ってくれていたので、私は面接に集中するだけという環境も作ることが出来ました。おかげで、無事に希望の会社に転職出来ました。
引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

助かりました

初めて転職活動をしてみましたが、最初は不安でいっぱいでした。けれど、マイナビジョブ20’sにはたくさんの求人が載っていましたので、自分に合う仕事が見つかるかもしれないと希望を持てました。20代で転職活動をするのは不安でしたが、第二新卒向けの求人がたくさんそろっていたので、本当に助かりました。しかも、無料で転職支援サービスも受けられます。おかげで、理想的な仕事に就くことができましたから、利用して良かったです。
引用元:みん評

マイナビグループが運営している20代、第二新卒向けの転職エージェントです。

マイナビグループは「マイナビ転職」や「マイナビエージェント」などの大手転職サイトを運営しているため、様々なノウハウを利用できます。中でも、適性診断を受けることでキャリアアドバイザーから客観的なアドバイスを受けることが可能になります。

20代の転職では、どんな職業に就きたいかわからないという方も多いので適性診断からアドバイスを受けることで自己分析に役立ちます。

 ウズキャリ既卒

特徴
  • 他社の20倍以上サポートに時間をかけてくれる
  • 独自の基準でブラック企業を排除している
  • 既卒、第二新卒の転職に対応
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_user.gif

就活サポートの充実さ!

去年2ヶ月ほど利用させて貰った者です。
長谷川さんという方に担当してもらいました。律儀で丁寧な方でとても助かりました!カウセリングからアドバイス、面接練習を行って戴き利用前よりも確実に自信を着けることが出来ています!面接練習以外にも勉強会や自習スペースも提供していただけるので活用し放題です!
1人での就活は不安だらけで脚がガクガクプルプルでしたが、UZUZさんに出会って段々と不安を払拭する事が出来ています。
就活にお困りで1人だと不安という方は是非UZUZを利用してみて下さい!
引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

手厚いサポート

実際に転職活動して痛感したことは、サポートしていただける環境の大切さです。一人で転職活動をしていたら、ここまで満足できる職場には出会えなかったでしょう。活動中のサポート、サービス、求人すべてにおいて満足できました。
引用元:みん評

ウズキャリ既卒(現UZUZ)では、キャリアアドバイザーのサポートにかける時間が豊富です。

模擬面接でも、1社あたり2時間以上かけて行ってくれて、納得のいくまで何回も面接してくれるという評判がありました。

また、離職率の高い会社や残業時間が極端に長い、いわゆる「ブラック企業」の求人を自社独自の基準で排除しています。

そのため、紹介してくれる求人に安心感が持て、応募しやすいというメリットがあります。

【30代向け】おすすめの転職エージェント

30代の転職では、管理職や高年収向け求人も充実している大手の転職エージェントがおすすめです。

大手転職エージェントは求人数も豊富であり、様々なキャリアプランを選択することも可能です。

30代向けにおすすめの転職エージェントについて、詳しく見ていきましょう。

 リクルートエージェント

特徴
  • 転職エージェントの中で求人数No.1
  • ミドルシニア就活サイトで30代の転職をサポート
  • 管理職、高年収向け求人も多数掲載
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_user.gif

押し付けは決してせず、とても親身になって聞いて下さりました

決して転職活動を勧めるのではなく、今の状況に合わせたアドバイスをして下さったことと、現職に戻ることが出来るようになるにはどうしたら良いかと本当に私にベストな選択肢はどれかと一緒に歩いて下さっている感じがして救われました。
引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_user.gif

転職はよいエージェントと出会うと成功する

大手だからという理由で3社の転職エージェントに登録をしました。その中でもメールのレスポンスが早く、実際にお会いした方の対応からリクルートエージェントに決めて活動を行いました。まず最初に面談をして、これまでの自分のキャリアや適性を伝えました。エージェントの方は前職や性格、能力などからいくつかの職業を提案してくださいました。また話の中で今まで考えなかった職種が候補に上がったりしたので自分だけで転職活動をするより、可能性は広がると感じました。
引用元:みん評

リクルートエージェントでは、掲載求人数が業界NO.1の実績を誇っており、管理職や役職付のハイクラスな求人も掲載しているため、30代でも安心して利用できます。

また、「ミドルシニア就活支援サイト」というサービスも展開しており、30代に向けた転職のノウハウやアドバイスなどが掲載されているサイトも利用できます。

他にも、リクルート系列の転職ノウハウを生かしたサービスや大手ならではのスピーディーな対応が評判の転職エージェントです。

 マイナビエージェント

特徴
  • 大手の中でもサポートが手厚い
  • 女性管理職向けのサービスあり
  • 女性向けの転職イベントを開催
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_user.gif

親身な対応で転職をサポートしてくれました。

転職を考えていた時に、インターネットの評判を聞いて転職をサポートしていただきました。最大手に比べて求職者の数が少なく、その分、丁寧にサポートしていただけるという評判でしたが、まさにその通りでした。こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。転職が終わった後のサポートもとても良く、気持ちよくキャリアアップすることができました。
引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

未来が無い会社からの転職活動でお世話になりました。

いくつかの転職サービスを使いましたがあっさりしているコンサルの方が多く求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。
引用元:みん評

女性向けサービスに特化しており「GroWomen Leaders」という女性管理職を目指す方向けのサービスもあります。

もちろん30代向けの非公開求人もあるため、「GroWomen Leaders」で転職のノウハウを学びつつ、非公開求人を紹介してもらうという活用法が魅力の1つです。

また、大手の中でも利用者数が少ないため、1人の利用者にかけられるサポートが手厚いというのも特徴です。

したがってたくさんの求人を紹介してもらいつつ、キャリアアドバイザーによる手厚いアドバイスも期待できるでしょう。

【40代向け】おすすめの転職エージェント

40代向けの求人となると20〜30代向けのものよりも求人数が少なくなります。

したがって、転職エージェントが提供してくれる求人の数が重要になります。

40代向けのおすすめの転職エージェントについて、2つのサイトを紹介します。

 doda

特徴
  • 求人数10万件以上
  • 転職サイトとしても利用することができる
  • 大手ならではのスピーディーな転職活動が可能
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

すぐに希望通りの転職先を紹介してもらいました

社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。
引用元:みん評 

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_editor.gif

親身なエージェント

年齢が上であっても、親身にご対応いただきました。いくつか登録していましたが、ここだけはお断りがありませんでした。他社には即、お断り、で登録したけどメールすら来ないことが当たり前だったので。転職が決まったのもここです。メールも電話も駆使して連絡がいただけますし、試験や面接で必要なことなども事前に教えていただけるので前もって準備して臨めるのが良かったです。また企業に直接言いにくい交渉も代わりにしていただけるので、精神的な負担が少ないのも良かったです。マッチングしている企業様からメールがかなりの量来るので諦めずに続けられました。
引用元:みん評

dodaは転職エージェントでありながら、転職サービスの機能も持ちあわせています

自分で求人を探すこともできるので、自分のペースで転職したいという方でも安心して利用できます。

求人数は10万件以上と業界2位の求人数ですのでたくさんの選択肢から選びたい方におすすめです。

 パソナキャリア

特徴
  • 女性のサポート、イベントに力を入れている
  • パソナグループによる独自の求人を保有
  • 担当アドバイザーの評判が良い
https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_user.gif

年齢が高めの私でも、長期にわたってサポートをしてくれました。

ここに登録し、その間に前職の仕事が忙しすぎて転職活動がだらだらと間延びしてしまったりして1年近く立ちましたが、定期的にメールを頂けてフォローしてくれます。 他のエージェントでは、最初の登録と数件の案件紹介が終えた後、連絡が途絶える所もありますが、ここは長期にわたり面倒見てくださいました。そういった意味では安心感を覚えます。(たまたま、担当頂いた方が優れて居たかもしれませんが)
 私の希望する業界が特殊なのか、少し案件は少ないようにも感じましたが、私が知っているこの会社のエージェント、2人を拝見させて頂く限りはフォローや親切な気がします。
引用元:みん評

https://fm-p.jp/recruit/wp-content/uploads/icon_user.gif

頼りになるキャリアアドバイザー

転職活動期間にお世話になりました。大手ということもあり求人の案件も多く、異業種でも初心者OKの求人を紹介していただき、今まで自分が知らなかった得意な分野を新たに引き出してくださいました。面接が苦手でうまく思ったことが伝えられない、といったことにも親身になって相談にのってくださいました。転職活動期間は長引けば長引くほどマイナス思考になりがちですが、こちらのコーディネーターさんはどの方も近い距離で色々な面においてアドバイスをくださいます。今は、長期雇用の派遣で安定していますが、また何かの際には真っ先に連絡したいと思わせてくれる会社です。
引用元:みん評

パソナキャリアは、担当のキャリアアドバイザーの評判が良いという口コミが多数ありました。大手転職エージェントとは異なり、1人あたりにかけられるサービスが充実しているため、利用者の満足度も高いようです。40代の転職では不安に感じることも多いため、キャリアアドバイザーのサポートの手厚さも重要となります・

また、パソナキャリアを運営しているパソナグループは人材派遣会社のため、独自の求人網を保有しています。そのため、他のエージェントに比べて希望の求人が見つかる可能性が高いです。

まとめ

今回は転職エージェントの選び方について解説しました。

本記事のまとめです。

  • 転職エージェントを利用する際は、優秀なキャリアアドバイザーを選ぶ必要がある
  • 複数の転職エージェントに登録し比較するのが望ましい
  • 転職エージェントは応募時だけでなく、面接時や内定の際にも活用する

キャリアアドバイザーの中にはとても手厚くサポートをしてくれる優秀な方もいれば、とにかく求人を紹介してくるようなNGなキャリアアドバイザーもいます。

口コミ・評判を参考にしながら、複数の転職エージェントを利用することで、自分にとって合っているキャリアアドバイザーを見つけることができます。

キャリアアドバイザーだけでなく、転職エージェントの特徴なども考慮しつつ、最適な転職エージェントを利用するようにしましょう。

本記事を参考に、気になっている転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

関連記事