dodaの評判が悪い理由を徹底解説|対応がひどい場合の対処法と上手な活用術

22 min

「dodaの転職エージェントって、評判が悪いって聞くけど本当なの?」

dodaへの登録を検討している方で、上記のような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

dodaは大手転職エージェントで、名前を聞いたことがある方も多いでしょうが、どのようなサービスを提供しているのか知らないという方がほとんどでしょう。

今回は、dodaの評判について、悪い口コミや良い口コミを解説しながら、対応がよくない場合の対処法やdodaの活用法について紹介していきます。

今回の記事をみることで、dodaでの転職活動成功のポイントや、dodaにどんな人がおすすめかを知ることができます。

目次

dodaの悪い評判は本当?徹底検証&対処法について

dodaでは、次のような悪い口コミ・評判がありました。

  1. 希望条件にマッチしない求人を勧めてくる
  2. キャリアアドバイザーの質が悪い
  3. 自分の営業成績しか考えていないキャリアアドバイザーがいる
  4. キャリアアドバイザーからの連絡がない
  5. 利用を断られる/サポートしてくれない

まずは、悪い評判の真意や対処方法について、解説していきます。

悪い評判①:希望条件にマッチしていない求人を勧められる

エージェントは字が読めない

今、務めている会社を紹介してきました。

職務経歴書の字が読めないのでしょうか。

辞退の理由を書いても、必須条件にマッチしてない求人を無視して送ってきます。

これは本当に字が読めないのかもしれません。

識字率が高い日本において、

このような自体が起こっているのは誠に憂慮すべきことだと思います。

引用元:みん評

全然アテにならない!

・アドバイザーが紹介してくれた求人よりも、他の転職サイトで自分で見つけた求人の方が選考がスムーズに進んだ。

→doda経由で申し込んだ求人は全て一次選考で落ちて、あなたの雰囲気が悪いと遠回しに言われた。

しかし他の転職サイトで応募した求人は最終面接まで行けた。

何が雰囲気が悪いんでしょうか。

・アドバイザーが持ってくる求人の質が悪い。

→とある企業の会社説明会に行ったら、大学のサークルの延長線のような企業でびっくりした。

こんな会社と契約してるのかと思い寒気がした。

引用元:みん評

dodaのキャリアアドバイザーの中には、自分の希望条件にマッチしていない求人を紹介してくる人もいるという口コミがありました。

条件にマッチしない求人を紹介される原因は次の通りです。

  • キャリアアドバイザーのヒアリング力・分析力不足
  • キャリアアドバイザーが内定を獲得することを優先している
  • 希望条件が多い・限定的
  • 希望条件に見合う能力・業界経験がない

希望条件にあっていない求人を紹介されることが多いと感じた場合には、素直に希望にマッチしていないということを伝えてみましょう。

もし、改善がない場合には、キャリアアドバイザーを替えてもらうよう問い合わせしてみることも効果的です。

悪い評判②:キャリアアドバイザーの質が悪い

エージェントは本当に役に立たない

企業に応募するのにエージェントを利用しないといけないが、事務処理的で、ただの横流しなので役に立たず、書類選考通過しにくい。

紹介してくる求人も担当者が無知な為、見当違いの企業ばかり。

応募がきたら、実際に求職者と面談して、エージェント自ら企業に足を運んで紹介するくらいの熱意がほしい。

時間の無駄になるのでDODAの利用はおすすめしない。

引用元:みん評

イマイチ

担当者の差はあるかな、という感じ。

担当者が実際に企業にいつ応募してくれたのか、よくわからず。。

応募から3週間経過したものの、企業から音沙汰がありません、と担当者からの連絡がありました。

エージェントを利用しているのに、こんなに長い期間、待たされ、担当者との信頼関係が築けませんでした。

二度と利用したくないです。

引用元:みん評

dodaのキャリアアドバイザーの中には、対応がよくないという方や的確なアドバイスをしてくれない人もいるようです。

転職エージェントの担当者の中にも、経験の浅い人や新人など、業界知識があまりない方も一定数いるのは事実。

新人のキャリアアドバイザーが担当になってしまうことで、自分の希望条件にあまりマッチしていない求人を紹介されてしまうこともあるでしょう。

どの担当者になるかというのは選べないため、知識の浅いキャリアアドバイザーや態度の悪い人が担当となってしまい、転職活動に支障をきたす場合には担当者変更をお願いするのが望ましいです。

悪い評判③:自分の営業成績しか考えていないキャリアアドバイザーがいる

求職者を数字としてしか見ていない

転職で叶えたい要点を最初の面談からお伝えしているにも関わらず、要望とは異なるものばかり。求職者のキャリアを考えるというより、人を数字としてしか見ていないように感じました。

内定をいただいた企業様でしたが、面接の中で気になる点があり、理由をお伝えし辞退のご連絡をさせていただいた時も、「どうして決めなかったんですか〜まぁ今更言っても無駄ですけどね笑」「もっと早く私と話せてたらなあ〜」と。辞退に至った理由までお伝えしたにも関わらず、その言い方はないです。

引用元:みん評

最悪です

自分の営業成績のことしか考えない、無知なエージェントが多い。内定が決まったら入社を急かしてくる。じっくり考える時間を与えない。残業時間など、待遇についても嘘を教える。DODAのせいで人生が台無しになりました。全くお勧めできない求人サイトです!

引用元:みん評

転職エージェントは、求職者に求人を紹介して、内定を獲得することで報酬を受け取ることができる仕組みになっています。

つまり、キャリアアドバイザーの営業成績=獲得内定数に直結します。

自分の成績のために、たくさん求人を勧めて内定を獲得してもらおうとするキャリアアドバイザーがいるのも事実です。

しかし、これはdodaのキャリアアドバイザーだからというわけではなく、どの転職エージェントでもそのようなキャリアアドバイザーがいる可能性があります

また、紹介してくれる求人が多いということは、悪いことばかりではありません。

自分が希望していなかった条件の求人でも、自分に合っている求人がある可能性はあります。

もし、担当者の求人紹介のスタイルが合わないと感じた場合には、素直に担当者変更をお願いしてみましょう。

悪い評判④:キャリアアドバイザーからの連絡がない

最悪のエージェント。使ったことを後悔するレベル。

応募を忘れられる。

結果や途中経過の報告がない。

論外です。

他のエージェントを使うことをお勧めします。

引用元:みん評

エージェントは早めに見切りをつけたほうがいい

基本的にはこちらの希望条件で検索をかけて機械的に抽出した求人案件を送ってきて、応募するとエージェント側で社内選考(書類選考)するという流れになっているようです。

で、まずこの社内選考が通りません。そして社内選考の結果をいつまでたっても教えてもらえません。どうやらエージェント側から次のステップのアナウンスが無いものは落とされているとみていいようです。

引用元:みん評

キャリアアドバイザーも一人の人間のため、性格や仕事のスタイルが異なります。

性格や仕事のスタイルが合わないと感じると、そのキャリアアドバイザーに不満を感じてしまう人も多いようです。

特に、レスポンスや連絡の頻度が気になるという口コミが多く、連絡が全く来ないという声も見受けられました。

キャリアアドバイザーの中でもたくさん連絡をくれる人もいれば、質問にだけ返信する人など、連絡のスタイルは様々です。

人によっては、たくさん連絡が欲しい人もいれば、連絡が多すぎるとストレスに感じてしまう人もいます。

面談の際に求人の希望だけでなく、連絡頻度の希望などもあらかじめ伝えることで、ストレスなくやり取りできるでしょう。

どうしても改善しない場合には、担当者を変更してもらうのも1つの方法として考えられます。

悪い評判⑤:利用を断られる/サポートがない

異業種転職には向かない

異業種転職を希望しており、情報収集を兼ねて相談に行きました。

その際、担当の方に「異業種の転職は同業種での転職より難しいことを覚悟しなければならない」という話を長々とされました。

まだそれは理解できたので、その後質問をしながら話を聞いていったのですが、最終的には「弊社を介さずご自身で面接していった方がいい」ということを何回も言われました。ここではサポートしてくれないと察し、利用するのをやめました。

引用元:みん評

親身とみせかけて、、、

3ヶ月前エージェントを初めて使い、面談の印象が良かったためここで転職を決めようと思っていたのに、、、

志望度が高い求人で書類が通り、電話面接なる足切りとしか思えない面接で、DODA法人担当と面接をおこないました。

結果自身の経歴をボロクソに言われただけで面接が終了。

しかも言い方がちょっと嘲ってる感じ。

後から取ってつけたように「次に活かせると思うので…」

引用元:みん評

dodaを利用している人の中では、利用を断られる人やサポートをしてくれないなどの不満をコメントしている人もいました。

dodaは求人数が多いというメリットのある転職エージェントですが、必ずしも希望にあう求人があるとは限りません。

特に、異業種へのチャレンジの場合や、経歴に合わない求人を紹介する場合には利用を断られる場合があります。

自分のキャリアプランを考えてステップアップしたいという気持ちはあっても、採用を決めるのは企業であり、企業の求める人物像にふさわしくない場合には求人を紹介することはできません。

したがって、利用を断られる場合には、自己分析や業界分析を再度行い、求められるスキルや経験を積むというのが1つの方法です


また、未経験に強い転職エージェントなどを利用することで、異業種への転職を成功させやすくなるため、自分に合った転職エージェントを利用するという方法も考えられます。

dodaの良い評判は本当?徹底検証

dodaには悪い評判や口コミだけでなく、次のような良い評判などもあります。

  1. 30代、40代でも親身にサポートしてくれる
  2. キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられる
  3. 求人の質が高い/大手求人も多い
  4. 応募書類の書き方・面接のアドバイスなどを細かく行ってくれる
  5. 忙しい人でも利用しやすい

それぞれの口コミ内容や詳細について、詳しく解説していきます。

良い評判①:30代、40代でも親身にサポートしてくれる

すぐに希望通りの転職先を紹介してもらいました

社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。

引用元:みん評

親身なエージェント

齢が上であっても、親身にご対応いただきました。いくつか登録していましたが、ここだけはお断りがありませんでした。他社には即、お断り、で登録したけどメールすら来ないことが当たり前だったので。転職が決まったのもここです。メールも電話も駆使して連絡がいただけますし、試験や面接で必要なことなども事前に教えていただけるので前もって準備して臨めるのが良かったです。

引用元:みん評

dodaの評判で良かったのは、若い方やスキルが豊富な方だけでなく、転職経験の浅い30代、40代の方でも親身にサポートをしてくれるということでした。

dodaは大手の総合型エージェントであり、転職実績や利用者数が多い転職エージェントです。

そのため未経験者や30代、40代などでも転職支援実績があるのが強みです。

年齢やキャリアに合わせて適切なキャリアアドバイザーを担当にしてくれるので安心して利用することができます。

良い評判②:キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられる

希望どおりの会社を紹介してくれて採用まで手厚いサポートをしてくれた

他業種への転職を希望していたため履歴書の書き方などわからないことが多々あり、当初自分で転職活動をしてみたが情報が乏しくプロに相談したほうがよいと思った。転職エージェンシー他社と比べて専任の担当者がとても親身になって相談に乗ってくれ、履歴書、筆記、面接のたびに相談や足りない部分など添削してくれたので志望している会社のほしい人材像を深く理解でき、自分の志望動機と職務経歴をぴったり合わせることができた。

引用元:みん評

とても良かった!

大卒後、契約社員と派遣社員を1年ずつ経験しただけのスキルの足りない私でしたが、契約や派遣の危うさを感じ、何とか今のうちに正社員になりたいとエージェントに複数申し込みました。

中でも、DODAは、一番スピード感があり、コーディネーターさんも親身になって相談に乗って下さり、圧倒的な求人案件の量で、一日も早く転職を決めたいと思ってる方には絶対にお勧めしたいです。私は企業に応募してから2週間で正社員として内定を貰えました。

引用元:みん評

dodaでは、キャリアアドバイザーの手厚いサポートや、スピード感が評判という声が多く集められました。

転職エージェントでは、キャリア相談や求人紹介だけでなく、応募書類のアドバイスや面接対策などを行ってくれます

どの転職エージェントでも上記のサポートが受けられるとは記載されていますが、実際にどの程度のサポートをしてくれるかは、利用者の口コミを見なければわかりません。

キャリアアドバイザーによってはアドバイス内容が雑だったり、模擬面接をしてくれなかったりする場合もあるようですので、サポートの手厚いdodaは安心できます。

良い評判③:求人の質が高い/大手求人も多い

希望の企業を探すツールとしていいと思う

【良かった点】

・大手が多い。優良企業からオファーがきた。

・オファーにブロック機能があり便利だった。

・検索機能で条件がかなり詳細に設定でき、自分が求める求人に絞りやすかった。

 強いて不満点を言うなら応募中の企業は検索から除外できるようにしてほしいくらいで概ね満足。

・企業とメッセージを直接やり取りできる機能は便利だと思った。些細な質問もしやすかった。

引用元:みん評

求人とキャリアアドバイザーがハイレベル

【dodaのおすすめポイント】とにかく求人の質が良い。

企業情報(業績)や、就業条件がどんなにブラックでもきちんと記載がある。(R社などはその辺が曖昧)

自分でしっかり確認さえすれば問題ない。

(こちらも誠実に報連相など対応している前提だが)キャリア以外にも人物像で評価してもらえれば、企業側にプッシュしてくれる。

引用元:みん評

dodaでは求人の質が良かったり、大手求人にも応募できるという口コミがありました。

dodaの求人数は10万件程度と、転職エージェントではリクルートエージェントに次いで多い転職エージェントです。

求人数が多いということは、質の悪い求人が多いのではないかと思ってしまいますが、そのようなことはありません。

大手企業などの求人も多いため、福利厚生が充実している企業なども探しやすいのが特徴です。


また、労働条件や企業の情報が細かく記載されているため、応募前でもブラック企業かどうかがわかりやすいというメリットがあります。

良い評判④:応募書類の書き方や面接のアドバイスを細かく行ってくれる

初めての転職におすすめ

在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。システム上担当者さん以外から経験職種に沿った求人がばんばんきますがやりたくない職種はブロックできますし無視しても大丈夫です。担当者さんからは希望職種のみ紹介してもらえるので相談してみるといいと思います。

引用元:みん評

サポートが充実していてて、自信を持って活動することが出来ました

私がDODAの転職エージェントサービスを利用して非常に良かったと感じています。申し込むと転職エージェントの方が独学で調べて書くと失敗する履歴書や職務経歴書も細かくサポートして書くことが出来たので、書類選考も思っていたよりもスムーズに通過することが出来ました。その他にも、DODAの転職エージェントでは面接対策も重視していて、短い時間に自分をアピールするポイントなどもアドバイスを受けることが出来たので自信を持って転職活動に挑むことが出来たと思います。

引用元:みん評

dodaの評判で多かったのが、キャリアアドバイザーによる職務経歴書や応募書類への添削やアドバイスなどが細かいということです。

書類選考は、企業に応募した際、最初に見られる情報になります

応募書類への記載内容によって求職者の第一印象が決定されてしまうため、非常に重要ですが、意識していない転職者も多いです。

dodaでは、応募書類や面接対策などにも力を入れているという口コミが多いため、書類通過率や内定率が格段に高くなることが期待できます。

書類を書くのが苦手な方や、面接に苦手意識を持っている方はdodaへ登録するのがおすすめです

良い評判⑤:忙しい人でも利用しやすい

専任のコンサルタントで親身に対応!

大手の企業で安心感があったことと、広告も見たことがあったので使用しました。

とてもお洒落で綺麗なオフィスでした。

専任のコンサルタントさんが1名ついてくださり、キャリア面談 求人紹介、面談の調整まですべて担当してくれたので自分が思っている通りの求人を紹介してもらうことができました。

非常に親身になって話を聞いてくれて、面談の感想や今後の悩みなども素直にお話することができました。

引用元:みん評

志望職種で内定を貰えました。

良かった点

・在職中で、電話に出られないことが多かったのですが昼休みや就業後など連絡をくれる時間帯に配慮して頂きました。

・希望職種で福利厚生の充実している企業から内定を頂けましたが、おそらく自己応募だと通過しなかったかもしれないと思います。

・面接予定日に職場で急な会議が入り、参加できなくなった際も日程変更に応じてもらえました

引用元:みん評

dodaでは転職サポートが手厚いという声が多いですが、現職が忙しい人にも配慮してくれます。

例えば、口コミ情報に記載されているものは以下のような事例がありました。

  • 面接日などの調整をキャリアアドバイザー経由で行ってくれる
  • 電話してくる時間帯や日にちを配慮してくれる
  • 面接予定日に仕事などが急に入ってもキャリアアドバイザーが交渉・調整してくれる

転職活動は在職中に行う人も多いため、仕事の忙しさなどに影響されて転職活動を円滑に進められないケースもあります


しかし、dodaのキャリアアドバイザーは仕事にも配慮してくれて、急な予定変更などにも対応してくれるため安心して利用できます。

dodaが人気の理由!5つのメリット

dodaは大手の転職エージェントの中でも人気が高いです。

dodaの人気の理由としては、次の5つが挙げられます。

  • 求人数が豊富
  • 外部のエージェントも利用できる
  • スカウトサービスが利用できる
  • 転職に役立つツールが豊富
  • 専任スタッフによるチャットサポートが10:00~22:00まで利用できる

dodaのメリットについて、詳しく解説していきます。

①求人数が豊富

dodaは非公開求人数を含めて10万件以上の求人数がある転職エージェントです。

求人数が多いということは、より希望に合った求人を見つけやすいというメリットがあります。

倍率の高い人気の求人や、そもそも市場に出回らない求人は1件応募しても内定をもらえる確率は高くないため、落ちてしまうことも…。

したがって、転職活動を成功させるためには、自分に合った求人を1件でも多く見つけて、たくさん応募することがポイントとなります。

②外部のエージェントも利用できる

dodaでは、パートナーエージェントサービスという外部のエージェントを利用できる機能があります。

dodaは総合型転職エージェントのため、転職実績は豊富ですが、専門性に特化しているキャリアアドバイザーは少ない傾向にあります。

パートナーエージェントサービスを利用することで、専門性の高いエージェントを利用することができるので、より的確なサポートを受けることができます。


例えば、エンジニアに転職したい方は、IT・エンジニア業界に強い外部エージェントを利用することで、より専門的なアドバイスをもらえるでしょう

③スカウトサービスが利用できる

あまり知られてはいませんが、dodaではスカウトサービスを利用することができます。

スカウトサービスとは、自分の経歴を見た企業が直接限定求人をオファーしてくれる制度です。

スカウトサービスを利用するメリットは次の通りです。

  • 自分のスキル・経験にマッチした求人を見つけることができる
  • 年収アップに繋がりやすい
  • 匿名で転職活動できる
  • 大手企業などからオファーが来る

また、スカウトの中には、面接が確約しているものもあります。


そのため、急いで転職活動を行いたい人におすすめです。

④転職に役立つツールが豊富

dodaは大手の転職エージェントであり、転職支援実績や転職のノウハウが充実しています。

特に、転職支援ツールが豊富であり、たくさんのツールを利用することができます。

例えば、dodaで利用できるツールには以下のようなものがあります。

  • 年収査定
  • 人気企業300社の合格診断
  • レジュメビルダー(職務経歴書作成ツール)
  • 自己PR発掘診断
  • キャリアタイプ診断
  • 転職タイプ診断
  • 働く女性のためのモヤモヤ解決診断

上記の転職ツールは、転職活動初期の自己分析や業界分析の段階で役に立ちます。


自分のスキルに見合った企業がわからない人や、応募書類・職務経歴書がうまく書けないという人は活用してみると良いでしょう

⑤専任のチャットサポートが10:00~22:00まで対応している

dodaでは、チャットサポートが10:00〜22:00の12時間対応しています

対応してくれるスタッフは専任のスタッフですので、わからないことや相談したいことを気軽に相談することもできます。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとやり取りを行うのが基本ですが、担当を変えて欲しい場合や連絡がなかなか来ない場合など、アドバイザーに直接相談しにくいこともあるでしょう。

もし、キャリアアドバイザー以外に相談したい場合には、チャットサポートを利用することで、スムーズに対応してもらえるので活用してみましょう。

dodaの注意点!4つのデメリット

dodaは人気の転職エージェントですが、次の4つのデメリットがあります。

  1. 専門性の高いキャリアアドバイザーが少ない
  2. 担当キャリアアドバイザーの能力の差にばらつきがある
  3. キャリアアドバイザーが多忙な場合もある
  4. 質の低い求人が掲載されることもある

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきます。

①専門性の高いキャリアアドバイザーが少ない

dodaは総合型の転職エージェントであり、幅広い業種・職種の求人を紹介してもらえるというメリットもありますが、専門性の高いキャリアアドバイザーが少ない可能性があります。

ただし、dodaではパートナーエージェントサービスという外部の転職エージェントを利用できるサービスもあります。

dodaに在籍しているキャリアアドバイザーで専門性の高い人がいなかったとしても、外部のキャリアアドバイザーで専門性の高い人を見つけることはできますので積極的に活用してみましょう。

また、不安な方は特化型の転職エージェントも併用することで、手厚いサポートを受けられるようになるでしょう。

②担当キャリアアドバイザーの能力の差にばらつきがある

dodaに限らず多くの転職エージェントに共通することですが、キャリアアドバイザーには能力の差があります。

例えば、新人のキャリアアドバイザーの場合、業界に精通していないことが多く、知識不足である傾向が多いです。

dodaの場合には大手の転職エージェントであり、多数のキャリアアドバイザーが在籍しています。

そのため、経験の浅いキャリアアドバイザーもいる可能性が考えられます。

また、コミュニケーション能力が不足していたり、レスポンスが遅いアドバイザーもいる場合もあるでしょう。

そのため、キャリアアドバイザーの良し悪しによって転職活動がスムーズに進まなかったり、希望条件とマッチしないこともあるでしょう。

③キャリアアドバイザーが多忙な場合もある

dodaは大手転職エージェントであり、利用者数が非常に多いです。

したがって、一人のキャリアアドバイザーに対して複数人の利用者がついていることが多く、場合によっては多忙な場合もあります

また、転職活動の時期によっては、利用者が増える繁忙期に被る可能性もありますので、キャリアアドバイザーが返信できなかったり、サポートできる時間が限られてしまう可能性もあります。

キャリアアドバイザーの忙しさについては利用者側が改善できるということではありませんが、こまめに連絡を取るようにすることが重要です。


また、総合型だけでなく、地域型の転職エージェントも利用してみることで、複数のエージェントから支援を受けられる体制を作ると、無駄なくサポートを受けられるでしょう。

④質の低い求人が掲載されることもある

dodaは求人数が多いというメリットがあり、利用者数も多いですが、求人を出す企業からの人気も高いといえます。

したがって、様々な企業が求人を出しているというのも事実で、中には質の低い求人がある可能性も考えられます

dodaのキャリアアドバイザーにも営業成績やノルマというものがありますので、質の低い求人を紹介されてしまうこともあります。

あらかじめ自分の希望する条件をしっかり伝えておくことや自分のスキル・経験を詳細に伝えることで、希望に合わない求人が少なくなります

dodaはこんな人におすすめ

dodaの評判やメリットデメリットについて紹介しましたが、dodaが自分に合っている転職エージェントかわからないという方も多いでしょう。

ここからはdodaがおすすめの人・おすすめでない人の特徴について解説していきます。

dodaがおすすめな人

dodaがおすすめな人は次のような人です。

  • たくさんの求人から探したい方
  • 業界や職種について決まっていない方
  • 他業種から選びたい方
  • 転職が初めてだという人
  • キャリアアドバイザーからの手厚いサポートを受けたい方

dodaは大手総合型転職エージェントで、求人数の豊富さ幅広い業種や職種に対応しています。

そのため、現時点では職種を絞れないという方でも様々な求人をみることができるためおすすめです。

また、dodaは手厚いサポートが魅力の転職エージェントです。

転職経験の少ない人転職活動を初めて行うという方は、何をすればいいかわからないという人も多いと思いますので、キャリアアドバイザーによるサポートが手厚いdodaがおすすめです。

dodaが向いてない人

dodaがおすすめでない人・利用に向いていない人は次のような人です。

  • IT・エンジニアなどの専門的な分野で転職を考えている方
  • 年収1,000万円以上のハイキャリア求人や外資系を狙っている方
  • 一人で転職活動をしたい方
  • 自分で求人を探したい方

dodaは大手の総合型転職エージェントであるため、幅広い求人を取り揃えています。

したがって、専門職や特化した分野の求人は少ない傾向にあります。


また、ハイキャリアや外資系企業などの求人も少ない傾向にあるため、別の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

そもそも自分で求人を探したい方やサポートを受けたくないという方は転職エージェントではなく、求人検索型の転職サイトを利用すると良いでしょう。

dodaの登録方法と内定を獲得するまでの流れ

dodaの登録方法がわからないという方や、dodaでどのように転職活動を進めていけばいいかわからないというお悩みをお持ちの方も多いと思います。

ここからは、dodaの登録方法やdodaでの転職活動の方法について解説していきます。

①Webで会員登録する

まずは、dodaのホームページから会員登録を行いましょう。

dodaの会員登録には、次のような情報を入力する必要があります。

  • 本人情報(氏名、住所、電話番号)
  • これまでの職務経験
  • 保有スキル、自己PRなど
  • 希望する求人の条件
  • 希望する転職時期

上記の情報は、会員登録後にキャリアアドバイザーと面談する際や、求人を紹介してもらう際に重要な項目になります。


正しい情報を入力することで、キャリアアドバイザーから的確なアドバイスをもらいやすくなるため、自分の経歴に自信がなくてもありのままの情報を記載するようにしましょう。

②担当者との面談

dodaの会員登録が完了すると、キャリアアドバイザーから連絡が来ます。

まずは、面談を行う必要があるので、日程を調整しましょう。

面談は対面で行うのが一般的ですが、オンラインで行うこともできます。

「普段の仕事が忙しくて、日程が厳しい」という方はオンラインでの面談ができないか相談してみましょう。

また、キャリアアドバイザーとの面談は面接ではありません。

直接の選考に影響はないため私服などでもOKです。

さらに、面談では登録した情報に基づいて詳しいヒアリングが行われます。

ヒアリング内容の例としては次のことが挙げられます。

  • これまでの職歴、経歴、業務内容など
  • 業界経験の有無、経験年数など
  • 保有するスキル
  • 希望する求人の条件
  • 転職をいつまでに行いたいか?
  • 今後のキャリアプランの展望

上記の内容は今後の求人の紹介の際や、応募企業へ推薦状を送る際に非常に重要なポイントとなります

また、ヒアリング内容を元にキャリアアドバイザーから転職活動に対する個別アドバイスを受けられます。

アドバイスでは転職活動の方法や、業界に関する知識、採用率を上げるためのコツなど様々です。

面談を行いながら、自分のキャリアアップのために積極的に相談しましょう。

③求人紹介

キャリアアドバイザーとの面談から数日以内に、スキルやキャリアプラン、希望条件を加味して厳選された求人を紹介されます。

自分の経験や希望条件に完璧にマッチしない求人もあるかもしれませんが、福利厚生や社風、勤務形態も含めてより良い求人を多数紹介してくれます。

紹介された求人について、気になる企業があればキャリアアドバイザーに積極的に相談しましょう。

その企業の深い情報について教えてもらえる可能性があります。

④応募書類の添削・面接対策

求人探しと並行して、応募書類の添削や面接対策を行う必要があります。

応募書類ではこれまでの経験や自己PR、志望動機などを記載するのが一般的ですが、応募前に一度キャリアアドバイザーに相談したり、実際の書類を見てもらうようにしましょう。

応募書類の書き方についてのアドバイスや、実際の書類の改善点などの添削を受けられます

また、面接対策では、面接での質問内容の傾向や的確な答え方などを教えてもらえるほか、実際に模擬面接を行うこともできます。

模擬面接ではより実践形式に近い状況で練習できるため、面接対策の方法として適しています。

dodaでは、オンラインでの模擬面接もできますので、仕事が多忙な方でも面接の練習をしやすいです

⑤応募・面接

応募したい企業が見つかり、応募書類の添削が完了すると、実際に応募手続きをします。

応募に関しては、キャリアアドバイザーに応募書類を提出することで、アドバイザーから応募企業へ直接提出してくれるのでぜひ活用しましょう。

その際にアドバイザーが企業に「推薦状」を出してくれます。

推薦状は、これまでのヒアリング内容などを加味して、応募者の魅力を企業に伝えてくれます。

推薦状があることで通過率が高くなったり、良い印象を持ったまま面接に進めるため、積極的にエージェントを活用しましょう

また、書類選考に通過すると面接となります。

もし、面接でうまくアピールできなかった場合には、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

キャリアアドバイザーが応募企業に対して個別で強みなどの追加情報を伝えてくれる可能性があります。

⑥内定・退職サポート

無事面接に通過すると、内定となります。

内定後に行うことは次の3つです。

  • 入社日の打ち合わせ
  • 諸条件の確認、交渉(給与面など)
  • 退職手続き

上記の手続きでは、キャリアアドバイザーからのサポートを受けることができます。

例えば、希望入社日年収アップの交渉について、キャリアアドバイザーに相談することで、企業と打ち合わせを行ってくれます。

また、退職手続きについてもアドバイスを受けたり、実際に退職手続きを一緒に行ってくれる場合があります

内定後も転職エージェントのサポートを受けられるので積極的に活用しましょう。

dodaを最大限有効に活用するポイント

dodaを利用するに当たっていくつか注意したい事や意識するべきポイントがあります。

ここからは、dodaを最大限有効活用するためのポイントについて、解説していきます。

①質問や相談は積極的に行う

dodaでは、キャリアアドバイザーとの面談を通じて転職の相談を行うことができます。

面談時や面談後のやり取りで、積極的に相談を行うようにすると、転職の意欲が高いという印象になり、キャリアアドバイザーからの評価も高くなります。

キャリアアドバイザーもノルマがあるため、内定の実績をたくさん作る必要があります。

したがって、すぐに転職してくれる人にたくさん求人を紹介してくれることが多いです。

また、キャリアアドバイザーからの評価が高ければ、求人をたくさん紹介してくれる可能性も高くなります。

さらに、企業に応募した際、選考に通りやすくなるよう後押ししてくれるかもしれません。


転職活動においても意欲は重視されますので積極的にアピールしましょう。

②転職時期は最短時期を伝えておく

キャリアアドバイザーとの面談で転職の見込み時期を聞かれる場面があると思いますが、なるべく最短時期を伝えておきましょう。

転職希望時期が遅いということは「すぐには転職活動をしない」というように受け取られてしまい、求人を積極的に紹介してもらえなくなる可能性があります

たとえ、すぐに転職する予定がなくても、情報収集目的で転職エージェントに登録するのは有効的です。

多くの求人を紹介してもらうためにも、転職希望時期は3ヶ月以内にしておくのが望ましいでしょう。

転職活動時期を3ヶ月以内にしたからといって、必ずしも3ヶ月以内に転職を決めなければいけないわけではありませんので自分のペースで転職を行うことができます。

③企業の評判を口コミサイトで調査する

紹介してもらった求人で興味のあるものは、企業の口コミサイトで実情を調査しておきましょう。

転職会議などを利用することで、実際に企業で働いた人の口コミを聞くことができます。


実際に働いた人にしかわからない会社の雰囲気や残業時間の実態、有給の取りやすさなどが記載されているため、応募前に入社後のギャップをなくすという目的で利用するのが望ましいです

④doda以外の転職エージェントも併用する

転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントも並行して利用しましょう。

他の転職エージェントを利用することで、dodaで紹介されなかった求人が見つかります。

また、キャリアエージェント同士を比べることもできます。

複数の転職エージェントを利用する際は、総合型だけでなく、特化型の転職エージェントも利用するようにしましょう

総合型、特化型の転職エージェントはそれぞれメリットやデメリットが異なります。

メリット デメリット
総合型幅広い業種、職種の求人を掲載している求人数が豊富転職成功実績数が豊富担当アドバイザーが業界に精通していない可能性があるサポートが事務的な可能性がある
特化型キャリアアドバイザーが業界に精通しているアドバイス、サポートが充実その分野の独自の求人を保有している場合がある総合型に比べて求人数は少ない傾向にある未経験の転職が難しい場合がある専門分野以外の求人は取り扱っていない

総合型、特化型の転職エージェントを利用して比較することで、自分に最適な転職エージェントを探すことが可能なため、ぜひ複数社登録しておきましょう。

dodaと併用すべき人気の転職エージェント

転職活動を成功させるためには、複数の転職エージェントに登録しながら比較していくことが重要です。

ここからは、dodaとあわせて利用したい人気の転職エージェントについて、詳しく解説していきます。

おすすめの総合型転職エージェント

dodaとあわせて利用したい転職エージェントには、次のものが挙げられます。

リクルートエージェント マイナビエージェント パソナキャリア ビズリーチ doda
公開求人数約10万件約22,000件約6,000件約96,000件約72,000件
非公開求人数約10万件約14,000件約20,000件約30,000件約35,000件
満足度☆☆☆☆☆5☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆☆4☆☆☆☆☆5
特徴求人数No.1サービスが充実女性向けのサポートが充実高年収の求人が豊富求人の質、数が十分
対象年代20〜40代20代〜40代20代〜30代30代前後20代〜40代
得意業種IT、通信事務系、営業系事務系商社、外資系営業
エリア全国全国全国全国全国
公式リンク公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

それぞれの転職エージェントの特徴について、詳しく解説していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、掲載求人数が業界NO.1の大手総合型転職エージェントです。

全国様々な求人が掲載されているため、とりあえず登録しておくだけでも、希望の求人が見つかる可能性が高いです。

他にも、リクルート系列の転職ノウハウを生かしたサービスや大手ならではのスピーディーな対応が評判の転職エージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、リクルートエージェントやdodaと比べると、求人数が少なく、利用者数も少ないです。

しかし、大手転職エージェントのなかでも利用者が少ない分、求職者1人あたりのサポートが手厚くなります

大手転職エージェントは多数の利用者が集まるため、1人1人にかけられる時間が少なくなるというデメリットがありますが、マイナビエージェントでは、そのようなデメリットが抑えられます。

また、女性管理職を目指している方は「GroWomen Leaders」を利用することで、女性の働き方の参考となるでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリアは女性にぜひおすすめしたい転職エージェントです。

パソナキャリアの運営元であるパソナグループは女性社員が過半数を占めており、女性の管理職が男性よりも多いです。

そのため、運営会社が女性のための働きやすい環境づくりに積極的であることがわかります。

女性が活躍している企業ということは、女性転職者の悩みを理解でき、的確なアドバイスをしてくれます。

したがって、積極的に転職相談をしたい方や、質の高いキャリアアドバイザーを利用したい女性の方はパソナキャリアに登録するのがおすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチは、高年収管理職などの求人を豊富に取り揃えているハイクラス向けスカウト型転職エージェントです。

高年収向け求人に特化しているため、スキルや経験があれば年収アップも可能です。

求人サイトでは珍しく、有料プランがあり、有料プランを使ってプレミアム求人を検索、応募することもできます。

高年収にこだわるのであればビズリーチも並行して登録しておきましょう。

おすすめの業界特化型転職エージェント

希望する業界や職種が決まっている方は、業界特化型転職エージェントに登録するのがおすすめです。

ここからは、おすすめの業界特化型転職エージェントについて、いくつか解説していきます。

IT・エンジニア

IT・エンジニアに特化した転職エージェントでおすすめなのはDYM IT転職です。

DYM IT転職は、IT・エンジニアに特化した転職エージェントです。

ベンチャーから一部上場企業まで幅広い求人の取り扱いがあり、スキルアップできる求人が豊富です。

経験者向けに展開している転職エージェントですが、未経験にも対応しているため、異業種転職を考えている方にもおすすめです。

第2新卒

第二新卒におすすめな転職エージェントはマイナビjob20’sです。

マイナビjob20’sは、大手人材サービスを提供しているマイナビグループが運営している20代・第二新卒向けの転職エージェントです。

大手の転職エージェントを多数運営しているマイナビ系列のサービスなので、転職支援実績や転職ノウハウが充実しています

20代の転職では、どんな職業に就きたいかわからないという方も多いので、適性診断などからアドバイスを受けることで自己分析に役立ちます。

ハイクラス

ハイクラスにおすすめな転職エージェントはキャリアカーバーです。

キャリアカーバーは、リクルート系列が運営している管理職、ハイクラス向け転職エージェントで、担当コンサルタントを自分で選ぶことができるというメリットがあります。

そのため、転職エージェントの口コミでよく目にする「コンサルタントが合わない」というデメリットをなくすことが可能です。

ハイキャリア向けの転職の場合には、自分のスキルや経歴をしっかりアピールすることや、自分にあったスキルの高い求人を紹介してもらうことが重要であるため、コンサルタントの重要度が高いです。

したがって、キャリアカーバーで自分からコンサルタントを選ぶことで、より転職活動を成功させやすくなります。

女性向け

女性向けにおすすめな転職エージェントはtype(女性の転職エージェント)です。

type転職エージェントが女性向けに特化したサービスを提供しているのがtype(女性の転職エージェント)で、転職エージェントの中でも首都圏IT系に強みを持っている転職エージェントです。

女性向け求人でもIT・エンジニア系の求人が増えてきているため、IT系に転職する女性が多くなっています。

女性でもエンジニアになりたいという方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

看護師

看護師におすすめの転職エージェントは、看護のお仕事です。

看護のお仕事では、年間4,000回以上の職場訪問によるリアルな情報提供が魅力の転職エージェントです。

労働条件や給料だけでなく、職場環境や働きやすさも重要なポイントとなります。

そのため、内部のリアルな情報を提供できる看護のお仕事は転職してからのギャップも少なくなります。

また、転職相談をLINEで行うことができるため、気軽に相談できるのもメリットです。

dodaに関するよくある質問

dodaに本当に登録していいのか不安に感じる人や、わからないことがあるという方も多いと思います。

ここからは、dodaに関するよくある質問について、まとめました。

Q1:doda新卒エージェントとの違いは?

doda新卒エージェントは学生向けの新卒就活支援サービスです。

doda新卒エージェントは転職エージェントではないため、正社員転職を考えている方は利用することができません。

そのため、既卒の方やすでに働いている方の場合にはdodaを利用しましょう。

Q2:dodaでキャリアカウンセリングできないと言われた時の対処法は?

dodaでは利用する方の年齢や経歴、希望する求人が限定的すぎる場合には、転職支援や求人紹介を断られるケースもあります

もし、dodaの利用を断られた場合には、次のような方法が考えられます。

  • スキルや経験を充実させる
  • 数ヶ月や1年程度待ってから再度登録する
  • 他の転職エージェントを利用する

doda以外にも利用できる転職エージェントはたくさんあります。


万が一断られた場合には、他の転職エージェントも検討してみると良いでしょう。

Q3:登録してからどのくらいでキャリアカウンセリングを受けられるの?

dodaの公式ホームページでは、登録してから1週間以内に日程調整の連絡をもらえるようです。

連絡方法については次のようなものがあります。

  • メール
  • 電話
  • SMS

登録し、数日経過しても求人の紹介が来ないという方も諦めずにそのまま待ちましょう。

また、希望する求人や経歴などによっては今すぐにサポートが受けられない場合もありますが、その場合でも連絡はもらえますので待ってみましょう。

Q4:キャリアアドバイザーを利用しないと企業に応募できないのでしょうか

dodaでは、求人検索型の転職サイトと同様に、自分で求人を検索して応募することもできます。

したがって、キャリアアドバイザーの支援が不要という方でも、自分一人で転職活動を行うことが可能です。

最初は求人検索目的で利用して、途中からエージェントサービスに申し込むこともできますので臨機応変に活用してみましょう。

ただし、求人の中にはキャリアアドバイザー経由でないと申し込みができない公開求人もあるため注意が必要です。

Q5:dodaに登録しているのが会社にバレる可能性はある?

dodaに登録していることがバレるという可能性は限りなく低いです。

その理由として、転職エージェントは求職者の個人情報が企業に伝わることがないためです。

また、スカウトサービスを利用する場合にも、匿名性は守られるため、企業側に個人情報が行くことはありません。

ただし、スカウトサービスを利用している場合に、経歴などは企業側に伝わります。

そのため、匿名であっても経歴を見てバレるという可能性はゼロではありません。

また、内部情報が漏れることはありませんが、有給を取得する回数が多い場合や、スマホなどの画面を見られたりするような外部的要因でバレてしまうこともありますので注意が必要です。

まとめ

今回は、dodaの評判について解説していきました。

まとめ
  • 転職エージェントの質が悪かったり、レスポンスが悪いなどの悪評がある
  • 求人の豊富さや求人の質の高さが良いという声もある
  • どの転職エージェントでもキャリアアドバイザーの質が悪いという口コミは一部あるため、dodaが特別悪いということではない
  • 担当しているキャリアアドバイザーが合わないと感じたら、担当者変更をお願いするのも1つの方法
  • dodaだけでなく、他の転職エージェントにも複数登録することで、より充実した転職活動となりやすい

dodaでは、一部キャリアアドバイザーの評判が悪いという声もありますが、外部のキャリアアドバイザーを利用できるパートナーエージェントサービスも利用できるため、自分に合っているアドバイザーを見つけやすいという特徴があります。

もし、自分に合わない場合には、お問い合わせフォームなどを利用して担当者変更を依頼することで、気を使うことなく担当者を変えられます。

また、doda以外の転職エージェントを利用することで、自分に合った転職エージェントを見つけやすくなりますので併用してみるのもおすすめです。

関連記事